福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

家の断熱性能=暖房クオリティ+省エネ…北斗市

2016-12-13 17:27:39 | Weblog

ファースの家は、エネルギー消費効率の観点からエアコン暖房を基本としております。
温暖化などで、エアコン冷房がなければ夏を乗り切れません。
そのエアコンは、リモコンボタンのワンタッチで冷暖房へと切り替えができます。

エアコン暖房は、外気から熱を汲み取り、室内気温に汲み取った熱を加温する機械です。
例えば室温が5℃の場合は、エアコン室内機の吹き出し温度が15℃前後となります。
外気温に触れた冷媒ガスは10℃の熱を吸収する特性を持たせているからです。
新型エアコンでは60℃吹き出し機能の付いたモノもありますが、室内機内で10℃ずつ加温させ、60℃で吹き出させますが、この時は膨大な電力を費やします。

エアコン暖房は、家の断熱性能で暖房クオリティと消費電力が大きく異なります。
5℃の室温に10℃加温の15℃吹き出しで、断熱性能の良い家は直ぐでも室温が上昇します。
これは、エアコン温風で室温が15℃になると吹き出し温度が25℃となります。

室温23℃設定では、エアコンはなだらかに省エネモードに自動的に切り替わります。
また、断熱性能の良い家では、エアコン温熱が床面、壁面、天井面に吸収され、その面から輻射熱で住む人のカラダを包み込み、クオリティの高い暖房空間を構築します。

断熱性能のない家の場合は、エアコンが多くの電力を費やしながら懸命に熱を送り出し、その熱は足元を冷たいままに、住む人の頭の上だけを温めて上昇してしまいます。

ファースの家のような高度な断熱性能は、暖房クオリティだけでなく、エアコンのエネルギー消費効率が電気ヒーターの7~10倍も上昇させて使用することが出来ます。
「家の断熱性能=暖房クオリティ+省エネ」と云うことになります。

写真はファースの家の床面をサーモグラフィーで撮ったモノです。
最寄りのFAS加盟工務店が建築したファースの家で是非ともご体感してみてください。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今があるための過去…北斗市 | トップ | 無いものを生み出す力…北斗市... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL