しゃちくんは野良猫ブログ

20年以上前になりますが自分探しのためにバイクで日本一周をしました。

代理人

2017-06-20 15:18:10 | 日記
彼女の子宮筋腫が肥大化しており様々な自覚症状に悩まされて

子宮を全摘出する覚悟を決めた翌日に掛かり付けの病院でCTとエコー検査の結果

筋腫の肥大化を確認。

外科医の先生が書いてくれた手紙を携えて婦人科の先生の所へ伺うと

婦人科以外の先生の診断が気に入らなかったのか手術に向かうどころか話がこじれた(-_-;)


そして午前中、担当の外科医を訪ねて紹介状を書いてもらい総合病院へ変えようと相談するも

病院同士の関係悪化を避けるために診療記録を婦人科に送っておく流れになってしまった。

婦人科の病院では相談員を置いているのでよく相談するようにとのことです。

思い通りにならないものですね。

彼女の会話力の乏しさもあるが、私だって高血圧症の治療では外部の脳外科に行ったり

MRI検査後にまた掛かり付けの病院へ戻るという面倒さがあった。


お昼休みに臨海病院へ問い合わせてみた。

江戸川区内で一番大きい都立の総合病院。

代理人として状況を説明したら「出来れば紹介状を持参しての診察が望ましいとの事」

外科医から婦人科へ送られた資料を持っての診療でも可。

どちらの病院も無視しての初診外来でも可能とのこと。

ただし、一からの検査を受けることになりますけどね。

明日からでも受け入れてくれるそうだから私はこれを勧める。

厳しいだけの婦人科医では振り出しに戻されるだけだし本人が執刀するわけでは無さそうだしね。


掛かり付けの病院へも問い合わせたが婦人科医の判断に任せたいとの予想通りの回答だった。

私も脳外科へは紹介状無しで行った。

交通の便は悪いけど午前11時までに受付を済ませて1日がかりの検査になるだろうけど

手術まで漕ぎ着ける一番の近道だと思う。

環七を走るシャトル7は急行のバスでスイスイと走ります。(葛西駅で降車し乗り換える)

葛西駅から「臨海病院」行きの京成バスが運行してるのでバスで通院できるよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宮全摘出手術を行う病院 | トップ | 厚化粧のおばさんは負けず嫌い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。