しゃちくんは野良猫ブログ

20年以上前になりますが自分探しのためにバイクで日本一周をしました。

核兵器の廃絶を訴えても

2017-08-09 12:17:20 | 主張
ワシントンポストによると北朝鮮は小型化した核弾頭を64個も保有してるらしいし

グアムにある米軍基地を同時多発的に攻撃すると予告している。

今日は長崎に原爆が投下された日。

先日の広島での平和式典でも「原爆反対!アベ政治反対!」と意味不明の内向きな反対運動があった。

日本は世界でただ一つの被爆国です。

これでは自民党政権が戦争を始めてどこかの国に原爆を投下したみたいですね(-_-;)

広島の被爆者も訴える「原爆を使用するのは人間じゃねぇ!」

その言葉は核兵器保有国に向かって叫ぶべきだと感じる。

アメリカには勿論のこと、北朝鮮に対して強く訴えるべきではないのかな?

在日朝鮮人に配慮し過ぎて何も言えない日本が情けない。

拉致被害者を返せ!ともっと声を大にして訴える必要もあるんじゃないか?


今、世界中で最も核兵器を使用する確率が高いのが北朝鮮なのに静観してるのが不思議だ!



追記:えっ?!これもヘイトスピーチなんですか?そんな反応が現れてますけど…

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しそうなギターセッション♪ | トップ | Scorpions - Across the Univ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
偏向報道 (onecat01)
2017-08-09 15:50:57
しゃちくん殿。

広島、長崎の式典のニュースを、私も見ました。相変わらず、「私たちは、過ちを繰り返しません。」という、反省です。

 腐れマスコミの偏向報道が明らかになっている今、私たちは、長らく反日左翼に独占されてきた「平和式典」につきましても、そろそろ見直す時がきていると思います。

 原爆の犠牲となられた人々のことは、「国民共有の苦痛」であり、「国民共有の惨禍」であり、何も共産党や旧社会党に先導された一部活動家の「占有物」ではありません。

 憲法についても、原爆つきましても、敗戦後の長い間、真剣な議論が封じられてきました。原爆も憲法も、念仏のように唱えていれば、世界が平和になるというものではありません。

 報道利権にあぐらをかき、国民に偏向報道を流し続けたマスコミの実態が、やっと明らかになりつつあります。これから私たちは、反日左翼の手から、「広島・長崎の式典」を取り戻さなくてはなりません。おそらく、今年が、その一歩の年となるはずです。
onecat01さんへ (しゃちくん)
2017-08-09 16:10:06
今日の井沢満先生のブログにも書いてありましたが大東亜戦争は白人によるアジアの植民地支配に待ったをかけた世界で唯一の黄色人種による抵抗運動と植民地から独立するための手助けをした誇り高い日本による解放運動とあり、共感しております。
映画「ビルマの竪琴」がまさにそれであり、敗戦後もビルマに残留した日本兵が現地人に軍事教練を施し独立を勝ち取るための功労者でしょう。

「私たちは過ちを繰り返しません」とは戦争に踏み切った日本を責め、原爆を投下されたのは仕方ないと聞こえてしまいますね。
左翼は責める相手を間違えてます。
北朝鮮が暴発するまで目を覚ましませんからねぇ。。。
共感できる事共 (HAKASE (jnkt32))
2017-08-09 16:51:49
残暑お見舞いです。拙記事へのご見解を有難うございます。

左派野党による、原爆忌の事共の政治利用は、以前から快いものではなかったですね。

Onecat 01さんも仰る様に、原爆忌は、我々日本人全体の苦痛であり、
一部の政治的利害の為に云々されるのは、あってはならないことでしょう。

今、大問題化している、北鮮の核や弾道ミサイル問題も、
一面では日共が、その口実をくれてやった様な所がありまして。

左派野党には、原水禁運動を党利党略の為に分裂させた、重い責任があると思いますね。
HAKASE(jnkt32)さんへ (しゃちくん)
2017-08-09 17:21:05
左翼の政治利用で真実が歪められることが多いですね。

根底に怒りを持ち反対運動をしてる活動家は慰霊式典には参加するべきではありません。

犠牲者に寄り添う気持ちそっちのけでの活動では国民の共感を得る事はできないときちんと伝える報道機関も存在しないようですし。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。