しゃちくんは野良猫ブログ

20年以上前になりますが自分探しのためにバイクで日本一周をしました。

ベンベン

2016-12-28 18:23:30 | 
こういう動画は作り話の疑いもあるけどこれは実話だろうと思う。

野良猫のベンベンは保健所で殺処分される前日に引き出された歩けない猫。

不安気な表情が猫好き人間の胸を打つ。

悲しいお話がやがて心温まる結末に(6分45秒)


長い間、引き取り手がなく、もう歩けないと獣医に言われていた猫。ある女性との出会いが、猫に奇跡を起こした!



こういう不幸のどん底から救われる猫が増える国であって欲しいです。

ベンベン、可愛いよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御用納め | トップ | 主よ 人の望みよ 喜びよ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝します (onecat01)
2016-12-28 23:18:44
しゃちさん。

 べんべんの表情の変化をみていますと、人間でも動物でも、愛の奇跡はあるのだと思えてきました。

 女性の勇気のある行動に、脱帽いたしました。私には、真似のできないことですから。話をアップしてもらったことに、感謝いたします。
onecat01様へ (しゃちくん)
2016-12-29 07:42:41
獣医師からもう歩けないと診断されたベンベンを引き取るということは介護を必要とするので私にも真似のできないことです。

犬も猫も金属製の檻の中で殺されるのを待つ日々は理解できると言われてます。
保健所に連れて来られ→愛護団体に引き取られ里親探しをするも不人気で→保健所に戻されるというどうせ殺されるのに命が翻弄されてしまいましたねぇ。
絶望したベンベンの表情が涙を誘う。

希望が持てない時代と言われてますが、行動することで道は拓け、このような奇跡を生むのかも知れません☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。