しゃちくんは野良猫ブログ

20年以上前になりますが自分探しのためにバイクで日本一周をしました。

イギリスの迷走

2017-04-19 12:50:00 | 主張
EUからの離脱か残留かを国民投票に委ねてしまった時点で議会制民主主義は崩壊してしまったのです。

本来なら与党が残留を主張し、野党が離脱を求めて総選挙を行うのが筋だったのに

離脱に向けての責任政党が存在しない形になっているのが現状です。

昨夜の速報では下院のみ解散総選挙が行われるようになったが中途半端な選挙は止めて

上下院とも解散して争点をEUからの離脱か残留かの是非を問う選挙にしないと答えが出せないはずだ。

いつも読んでいるブログではこの選挙で労働党が圧勝して盤石になると解説しているが

前首相は残留を望んでいたので労働党が一枚岩になれるかは疑問です。

国民投票でも離脱を望む声が圧倒的に多いとは言えない結果だったしね。


日本でも似たような声が聴こえた。

東京都の築地市場の豊洲への移転の是非を問う住民投票や

沖縄の普天間基地の辺野古への移転の是非を問う住民投票

どちらも議会を解散し知事も辞職して出直し選挙とするべきです。

有権者の判断を二分するような議案が出ているのに議員が残留したままなのが異常ですね(-_-;)

数年前に安倍内閣が総辞職して解散総選挙が行われたのは

安保法案を法制化するにあたって国民の信任を問うたのです。

安倍総理の潔さが光り自民党の議席が増えたのは記憶に新しいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金正恩が亡命か? | トップ | デンデラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。