あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

日本への難民申請数と難民認定数

2017-06-19 06:00:28 | 社会科関連情報
英国のEU離脱の原因であり、欧米最大の問題となっているのが、移民・難民受け入れです。

昨年の記事ですが
UNHCRによると、2015年に最も多くの難民を受け入れた国はトルコで、その数は250万人と申告されている。昨年9月以降、急激に大勢の難民を受け入れたドイツはトルコに次いで2位で、現時点でドイツに在留している難民の数は申請認定待ちも含めて180万人。これに次いで多かったのがパキスタン(160万人)、レバノン(110万人)だった。難民の人数と各国の人口比で受け入れ数が最も多かったのがレバノンで1000人中183人、これに次いでヨルダンが1000人中87人だった。ドイツは1000人中22人で世界6位、トルコは1000人中37人だった。
 ここから http://www.newsdigest.de/newsde/news/news/7891-2016-06-30.html

それでは日本は・・・・

今朝(6月19日)の中日新聞朝刊です。


250万人と28人。

日本は、国際的に非難されているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拡がる教員の部活指導義務 ... | トップ | 学力調査を活用した専門的な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。