あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

哲学入門82 吉田松陰

2017-04-08 05:41:14 | 哲学の窓
白坂慎太郎先生の哲学入門

第82回、吉田松陰です。


 ここから https://www.youtube.com/watch?v=fqGCN6v_V1c
 
百科事典マイペディアでは、次のように解説sれています。

吉田松陰【よしだしょういん】

幕末の志士,思想家。長州藩の下級武士杉常道の子。名は矩方。通称寅次郎。10歳にして藩校明倫館で講義を行った。山鹿流軍学師範を務め,1851年江戸に出て佐久間象山に師事。(1830-1859)


とにかく、その行動は、すさまじいものでした。

幕末になると、皇国意識、海防意識を背景に、水戸学が台頭してきました。

デジタル大辞泉の解説です。

水戸学

江戸時代、水戸藩主徳川光圀(とくがわみつくに)の「大日本史」編纂(へんさん)に端を発し、同藩で興隆した学派。儒学思想を中心に、国学・史学・神道を結合させたもの。皇室の尊厳を説き、幕末の尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に多大の影響を与えた。


水戸学では、


大義名分論を打ち出しました。

大義名分とは


「名分」とは、「分」をわきまえて守るべき本分です。

国体とは


水戸学では大義名分論により、尊皇と攘夷を結びつけ、国体を重んじる考えを打ち出しました。

そして、


日本がまっぷたつに分かれます。

そこで吉田松陰の登場です。


吉田松陰は、亡くなった後に有名になったのかもしれません。
本人のやったことと言うよりは、弟子たちの活躍により、思想家として評価されたのかもしれません。
血気盛んなテロリストという評価すらあります。

彼は、


一君万民論とは、ただ一人の君主にのみ権限を認め、その他の臣下・人民は平等とするものです。
天下は、一人の君主のものという思想です。



吉田松陰の考えは、後に実現します。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育zine | トップ | 4月8日の社説は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

哲学の窓」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。