あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

MOA美術館へ行ってきました -1-

2017-03-11 21:18:37 | 旅行
今年2月5日にリニューアルしたMOA美術館へ行ってきました。
2回目の訪問です。
リニューアル後は、写真撮影が可になりました。

写真で紹介します。

今回は3階から入りました。




今回は、リニューアル記念として、3点ある国宝をすべて見ることができます。

まずは、なんと言っても尾形光琳の紅白梅図屏風です。



右の紅梅が若く、左の白梅が老木と言われています。

右には、


「青々光琳」と書かれています。

左には、


「法橋光琳」と書かれています。

尾形光琳の戒名は、法橋 緒形 靑々堂 光琳

「法橋」は僧位の第三位を示す尊称です。
中世以降は医師や仏師・絵師・連歌師などにも僧位に準じて称号として与えられました。

光琳は、元禄14年(1701年)に法橋の位を得ています。



2つめの国宝が色絵藤花文茶壺。野々村仁清の作です。



江戸前期の陶工で京焼色絵陶器を完成しました。
焼き物を芸術とした最初の人とも。
均一に薄く作ってあり、その技は驚きです。

3つめは手鑑 「翰墨城」


手鑑は、名家の筆跡を集めて筆跡鑑定の見本、いわゆるオムニバスです。
ここには、奈良時代から南北朝・室町時代の各時代にわたる古筆が、表側154葉、裏側157葉の合計311葉が集められています。

「藻塩草」(京都国立博物館蔵)「見ぬ世の友」(出光美術館蔵)とともに、古筆三大手鑑と言われています。

続きます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育勅語と現代語訳 | トップ | 授業で役立つ考え方-17- »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。