あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

哲学入門29 社会契約説 わかりやすく

2017-02-14 05:20:45 | 哲学の窓
白坂慎太郎先生の哲学入門

第29回は、 社会契約説 わかりやす です。
 ここから https://www.youtube.com/watch?v=XlmUaZz-DP0



これまで、カント、ヘーゲルを取り上げました。

今回から少し時代を戻して、社会契約説を取り上げます。

ここで時代の確認をしておきましょう。

カント(1724年 - 1804年)
ヘーゲル(1770年 - 1831年)

ちなみに

ベートーヴェン(1770年 - 1827年)
ナポレオン(1769年 - 1821年)
シラー(1759年 - 1805年)

これから出てくるのが・・・

トマス・ホッブズ(1588年 - 1679年)
ジョン・ロック(1632年 - 1704年)
ルソー(1712年 - 1778年)



社会契約説により、自由が明記されました。
「自由」という概念は、人類の歴史から見ればまだ最近のこと、日本では150年、西洋でも300年ほどのことなのです。

国家はどのようにして誕生したのでしょうか。

ルネサンス宗教改革で、人は自由と平等の意識に芽生えます。

ここで自然法思想啓蒙思想という2つの考え方が出てきます。

自然法思想とは、


もともとキリスト教にもあったのですが、神から切り離されました。
自由権、平等権のようなものです。


啓蒙主義とは


理性の力で、合理的なものの実現をめざします。
迷信を批判していくのです。

人間は、みんなの平和のために社会を変えていくという方向へ転換します。

この2つを組み合わせて生まれた思想が社会契約説です。



社会契約説では、国家社会の役割として、国民の自然権の保護を求めました。

これが、清教徒革命や名誉革命、フランス革命の理論的な支えとなりました。

思想が社会を変えるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育課程部会 社会・地理歴... | トップ | Tokyo sky blue »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

哲学の窓」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。