あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

続・授業で役立つ考え方-8-

2017-11-01 05:30:07 | 授業で役立つ技術と考え方
《 教育とは… 》

アインシュタインの言葉である。

教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に、自分の中に残るものをいう。そして、その力を社会が直面する諸問題の解決に役立たせるべく、自ら考え行動できる人間をつくること、それが教育の目的といえよう。

ニュース週刊誌『TIME』が『パーソン・オブ・ザ・センチュリー』(20世紀の人)に選出したアインシュタインらしい言葉である。

アインシュタインは元々学校になじめず、独学で数学を学んだ。しかし、そのきっかけを与えてくれたのは学校であったことを、半分皮肉ともとれる言い方で表現している。
学校は、記憶を与えることではなく、思考力・判断力を含めた、問題解決能力を育てるところであると言っている。

大切なのは、疑問を持ち続けること。

これもアインシュタインの言葉である。

深く探求すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる。人間の命が続く限り、常にそうだろうとわたしは思う。

問題解決の連続で、彼は数々の偉業を成し遂げてきた。

その原動力は、彼はこういっている。

聖なる好奇心をもちたまえ。人生を生きる価値のあるものにするために。

そんな彼も、賞賛で堕落しないように戒めている。

賞賛による堕落から逃れる方法は、ただひとつ。仕事を続けることである

最後に、彼がよく言ってきた言葉は次のものである。

人はみな同じ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年度生涯学習・社会教... | トップ | 布袋ぶらりん日和 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

授業で役立つ技術と考え方」カテゴリの最新記事