あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

哲学入門15 レオレオナルドダヴィンチ 絵画論

2017-01-31 05:24:20 | 哲学の窓
白坂慎太郎先生の哲学入門

第15回は、レオレオナルドダヴィンチ 絵画論 です。
 ここから https://www.youtube.com/watch?v=m1zFzXb5ISE



ギリシャ哲学からキリスト教、そしてルネサンスにより神からの解放された時代背景の中で・・・。

世界や人間を新たな興味の中で見直しが始まりました。



こうしてでてきたのが、レオレオナルド・ダ・ヴィンチでありミケランジェロです。

ダ・ヴィンチでは、画家であり、科学者でもあり技術者でもありました。
彼の絵画は、人間や自然を見えるがままに表現しました。

キリスト教時代はそれができなかったのです。

絵画のために、人間を解剖したり、遠近法を取り入れました。
絵画を科学と一体のものととらえていました。

科学的精神と芸術的精神との結合を図りました。

人間中心主義の思想を開いたのです。

次回は宗教戦争です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強にはやり方がある-その... | トップ | 1月31日の社説は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。