あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

授業で役立つ指導の技術-44-

2016-10-13 05:11:41 | 授業で役立つ技術と考え方
《 一秒先の姿をほめる 》

お薦めの技です。

ほめると子どもは伸びる。
でもほめることがない場合にはどうするか。

一秒先の姿をほめればよい。


・帰りのあいさつの時、「起立」と声を出した係の子に向かって
 ○「お、今日は元気なあいさつが聞けそうな予感がする」
 →にかっと笑い、張りのある声で「明日も元気に来て下さい。さようなら!」

・算数の時間。なかなか定規を使わない子がフリーハンドで書いた線を消した瞬間
 ○「お、定規を使って引こうとしているね」
 →定規を持って線を引く

・おしりをいすから落として座っている子が、足を動かした瞬間
 ○「お、いい姿勢で座ろうとしているね。」
 →座り直す

・漢字練習中、弱い筆圧でさらさら書いている子。2行目に移った瞬間
 ○「おお、いい字を書こうとしているね。・・・うん、黒々としたカチッとした字だ」
 →強い筆圧で、線一本一本をしっかり書き始める。

・野菜が苦手な女の子。おかずに箸を付けようとしたとき
 ○「お、今日は、いつもより多く食べようとしているでしょ。」
 →「先生、今日はけっこう食べたよ」と見せに来る。

 
これらは、方向付けである。
特に、小学校高学年から中学生にかけては、自尊心を適度にくすぐる。
マイナスを指摘するする材料が減り、教室が明るくなる。
子どもの自己肯定感も高まっていく。

応用で、明日をほめる方法もある。

「明日忘れ物をしない人」「はーい」「今手を挙げた人の明日に拍手をしましょう!」

教師にはプラス思考が似合う!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本出身の作曲家の一覧/P... | トップ | 『超訳 ブッダの言葉』-6- »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。