あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

『超訳 ブッダの言葉』-6-

2016-10-13 05:22:38 | 哲学の窓
『超訳 ブッダの言葉』(Discover)小池 龍之介 編訳 より、日本人にもっとも大きな影響を与えているはずの思想家、ブッダの言葉を紹介します。



 悪口がいけない理由

一部を紹介します。

-------以下引用--------

人はその口によく切れる斧を持って生まれ、その斧により他人を傷つけるつもりで実は、

知らぬうちに自分自身の心をグサッと傷つけている。

     「経集」657        

-------以下終わり--------

「一 怒らない」の10号です。

現代人でも十分に納得できる言葉です。

「経集」は、前回紹介した「法句経」とともに、この本で最も取りあげられている経典です。
 短いフレーズを特徴として、ブッダが、出家修行者に説いていた言葉を集めたものです。

 現代の我々でもすっと入ってくるこの言葉は、ブッダを心から慕う修行者には奥底深くまで染みこんだことでしょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 授業で役立つ指導の技術-44- | トップ | 哲学入門41 マルクス 入門 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。