あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

授業で役立つ指導の技術-61-

2017-08-21 05:37:06 | 授業で役立つ技術と考え方
《 事実をほめ、事実を注意する 》

ほめるときには、何がよいのかを具体的に指摘する

同様に、注意するときにも、何が悪いのかを指摘し、人を批判してはいけない

さらに、悪い状態を指摘するより、他の子のよい状態を指摘してほめれば全体が直る場合もある。
そこで直った状態をほめればよい。

注意されて育つより、ほめられて育った方が子どもは幸せである。

ほめる事実がないときは?

たとえば、誰も手を挙げていないときでもほめることができる。

「いいぞ!手は挙がってないけど真剣に考えている子がいます。そういう子は伸びます」
「よく考えているなあ。何人かは手を挙げるか迷うところまできています。」

ここで、一人でも挙げたら、
「立派ですね。勇気を出して恥ずかしがる自分に勝ったね!」

この発想である。

ほめるとは、励ましであり、エネルギーの注入なのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊 日本の100人 第94号 ... | トップ | 8月21日の社説は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

授業で役立つ技術と考え方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。