あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

7月12日の社説は・・・

2017-07-12 05:50:47 | 社説を読む
テーマは分かれるでしょう。

朝日新聞
・ 大学入試改革 各校独自の選考に力を
・ 憲法70年 公平な国民投票CMに

読売新聞
・ 核兵器禁止条約 保有国抜きでは実効性を欠く(2017年07月12日)
・ 沖ノ島世界遺産 信仰に守られた「海の正倉院」(2017年07月12日)

毎日新聞
・ 新大学テストでの英語 受験生の負担増が心配だ
・ 「休み方改革」は何のため 有休=消費の発想は違う

日本経済新聞
・ ISとの戦いはモスル解放で終わらない
・ 近隣に迷惑かけぬ民泊に

産経新聞
・ 「ハーグ裁定」1年 南シナ海に世界の関心を
・ 神戸空港売却 一体運営で関西浮揚図れ

中日新聞
・ 核のごみ 増やさないのが大前提
・ ビットコイン 投機の対象ではなく

※ 見事に分かれました。

中日はビットコインです。
「お金と違うのは、実体がないことだ。「0」と「1」の数字の羅列で、ネット上だけに存在し、流通する。ネット版の地域通貨だ。

 実体がないのは強みでもある。大金を簡単に運べる。海外への送金も数十円程度の手数料ですむ。

 安全性は暗号化と、ネットにつながった多くのコンピューターが同じデータを持つことで確保している。ネット時代らしい方法で、安価で安全な仕組みを作っているという。

 私たちが普段使うお金は、政府が保証している。一万円札自体には一万円の価値はないが、一万円として流通する。

 ビットコインにはそういった公的な保証はない。利用者が「これだけの価値がある」と信じた値段で取引される。総発行量は二千百万BTCと決まっていて、希少価値が出ると考える人もいる。

 所有額が大きいのは米国、日本、中国。中国は自国通貨「元」への信頼が弱いせいだとされる。日本では投資として買う人が多いという。

 最近、ビットコイン以外の仮想通貨が次々と誕生している。マウントゴックスの事件の後には急落したように、価格変動が激しく、リスクは大きい。中には、買った仮想通貨が売れないといった被害もあるようだ。リスクも知っておきたい。」


初心者にやさしいビットコイン - 安全・安心のcoincheck‎


ビットコインだけで安心ですか? - 仮想通貨もポートフォリオが基本


ビットコインとはいったい何? - 仕組みをわかりやすく解説‎

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ日本料理は世界でこんな... | トップ | 週刊 日本の100人 第56号 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社説を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。