あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

授業で役立つ指導の技術-22-

2017-07-12 05:18:14 | 授業で役立つ技術と考え方
《「先生は、わざとまちがえて読みます」》

遊び心を利用した集中化の方法である。たとえば次のように行う。

今から先生が「ごんぎつね」を読んでいきます。
先生が読んだところを、みんなも読みなさい。
ただし先生は、わざとまちがえて読みます。
みんなは引っかかってはいけません。
いいですね。

「ごんきつね」(ごんぎつね)、「にいみなんちき」(にいみなんきち)という具合である。

教材文に集中し、正しく読もうとする意識が生まれる。

算数の計算など、応用の幅は広い。

子どもが間違えやすいところで、わざと間違えるのも意識付けになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 布袋小学校PTA研修講座「... | トップ | 週刊 日本の100人 第55号... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。