あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

7月11日の社説は・・・

2017-07-11 05:40:06 | 社説を読む
加計問題でしょう。

朝日新聞
・ 閉会中審査 首相の説明を聞かねば
・ ISとの闘い テロの根源を見据えて

読売新聞
・ 内閣支持率続落 驕り排して政策で結果を出せ(2017年07月11日)
・ 加計学園問題 戦略特区の疑念解消が急務だ(2017年07月11日)

毎日新聞
・ ISの拠点モスルを解放 掃討へ国際連携の強化を
・ 前川氏が国会で初証言 やはり首相出席が必要だ

日本経済新聞
・ 気象情報いかし頻発する豪雨に備えを
・ 事実解明へさらに努力がいる

産経新聞
・ 北朝鮮とG20 圧力強化の姿勢緩めるな
・ 宗像・沖ノ島 古代からの豊かさ次代へ

中日新聞
・ 加計学園問題 徹底解明が国民の声だ
・ 「共謀罪」施行 市民の自由 圧迫するな

※ 産経以外が加計問題を取り上げました。

日経です。
「学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡り、衆参両院が10日に閉会中審査を開いた。前川喜平前文部科学次官の招致実現は前進だが、行政判断が適正だったかどうかの見解は大きく食い違った。与野党は関係者をさらに国会に招致し、事実の解明に向けた努力を続けるべきだ。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡り、衆参両院が10日に閉会中審査を開いた。前川喜平前文部科学次官の招致実現は前進だが、行政判断が適正だったかどうかの見解は大きく食い違った。与野党は関係者をさらに国会に招致し、事実の解明に向けた努力を続けるべきだ。」

朝日です。
「 前川喜平・前文部科学事務次官が参考人として出席し、「規制改革のプロセスが非常に不公平で不透明だ。初めから加計学園に決まるように進められたと見える」と指摘。「背景に官邸の動きがあったと思っている」と述べ、和泉洋人首相補佐官の名前をあげて「直接指示を受けた」と語った。

 国会の場で、国民の代表の質問に答えた重い発言である。

 和泉氏の言い分はどうか。その言葉も聞き、前川氏の主張と突き合わせて真実を探る。それが本来の道筋のはずだ。

 しかし残念なことに、きのうの国会に和泉氏の姿はなかった。野党が求めた和泉氏の出席を与党が拒否したからだ。これでは何が本当なのか、国民は判断のしようがない。」

いわゆる政治家の「口利き」です。
口利きは、与野党の議員を問いません。
もちろん、口利き自体は、違法ではありません。
問題は、口利きに対し、有権者からお金を受け取ること。
お金を受け取って口利きをすれば、汚職になりかねません。


産経です。
「 「神宿る島」の世界遺産登録が決まった。福岡県の沖ノ島のほか、本土の宗像大社辺津宮などの関連遺産群である。構成資産全てが認められたことを歓迎したい。

 古代祭祀(さいし)の遺跡がほぼ手つかずで残り、東アジアの交流の歴史を物語る貴重な遺産である。これを守ってきた歴史と文化に改めて理解を深め、次代に伝えていきたい。」

「構成資産の中心で玄界灘に浮かぶ沖ノ島は、九州と朝鮮半島の間に位置する。

 4~9世紀に航海の安全を祈る国家的祭祀が行われた。古代祭祀遺跡のほか、指輪や銅鏡など宝物約8万点が残り「海の正倉院」とも呼ばれる。

 そうした沖ノ島の考古学的価値だけでなく、古代の遺産が継承されてきた歴史的、文化的背景を含め、認められた意義は大きい。

 沖ノ島(沖津宮)、中津宮、辺津宮の三宮を総称して宗像大社という。宗像大社は、天照大神の三柱の御子神をまつる。宗像三女神と呼ばれ、日本書紀に記され、あらゆる道を司(つかさど)る最も尊い神として崇敬を受けてきた。」

実はあまりよく知りませんでした。
今回の登録で、勉強になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語彙力こそが教養である (角... | トップ | いまジャーナリストとして »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社説を読む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。