あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

「にっぽん」か「にほん」か?

2016-10-25 05:44:00 | 社会科関連情報
 以前から続いている議論です。

 「日本」の読み方が決まっていないのは不思議な気がします。
 2009年7月1日の新聞には、次のようにありました。
 
 政府は三十日の閣議で、「日本」の読み方について「にっぽん」「にほん」のどちらでも良いとする答弁書を決定した。

 質問した岩國氏は、「1970年7月に佐藤内閣が『にっぽん』で統一する旨の閣議決定をした」と指摘していますが、「そのような閣議決定はしていない」と答弁したとされています。
 実は、私も記憶にあります。小学生の頃、内閣として「にっぽん」に統一するとし、切手に「NIPPON」と表記されたことを。

万国郵便連合条約が変わり、国名にローマ字表記が義務づけられました。郵政省は文部省に相談しますが結論が出ません。そこで郵政省として「NIPPON」に決定し閣議了承を求めたのです。それが1965年9月10日、佐藤内閣の時でした。

 さらに遡ると、昭和9(1934)年に当時の文部省臨時国語調査会が呼称統一案として「ニッポン」にすることを決議しましたが、政府で採択されませんでした。

 2004年調査では、「ニホン」が61%、「ニッポン」が37%という結果になりました。

 と調べていたら、詳しいページがありました。

 「ニホンVSニッポン 「日本」の読み方、どっちが優勢?」
 ここから http://style.nikkei.com/article/DGXBZO37629750Y1A221C1000000?channel=DF130120166138&style=1

 話し言葉では98%が「ニホン」です。

 それでも決まらないのが、多様性を認める日本ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月25日の社説は・・・ | トップ | 『超訳 ブッダの言葉』-19- »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会科関連情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。