あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

3月13日の社説は・・・

2017-03-13 05:30:09 | 社説を読む
民進党大会か。

今朝の社説を見てみましょう。

朝日新聞
・ 民進党大会 民意こそ政策の原点に
・ 森友学園問題 幕引きはありえない

読売新聞
・ 陸自PKO撤収 任務「区切り」の判断は妥当だ(2017年03月13日)
・ 森友申請撤回 用地と補助金は確実に返還を(2017年03月13日)
  
毎日新聞
・ 籠池氏の招致 自民党は何が怖いのか
・ 陸自PKO撤収 不透明さ残る政府説明

日本経済新聞
・ 社外取締役の育成が企業統治改革の要だ
・ 緩和の出口探り始めたECB

産経新聞
・ 避難指示の解除 強い覚悟で風評の根絶を
・ 森友学園問題 これで幕引きとはいかぬ

中日新聞
・ 命を守る情報は届くか 週のはじめに考える

※ 民進党大会は1社のみでした。

朝日です。
「民進党大会が開かれた。「安倍1強」と言われる政治状況のなか、旧民主党政権の野党転落から4年たっても、党勢はいまだ回復していない。

 野党の大きな役割は権力を監視することだ。権力のブレーキ役として、野党第1党の民進党の責任は重い。

 政府・与党に代わりうる「もう一つの選択肢」を示すことも、野党に求められる役割だ。」

「労組など支持団体ばかりを頼るのではなく、より大きな民意をどうくみ取り、政策に生かしていくか。民進党が問われているのはそこである。」

「民意」は、いつも正しいとは限りません。
イギリスEU脱退、トランプ政権、韓国大統領弾劾、・・・
これらは民意の結果です。
正しかったかどうか、結果がわかるのはもう少し先になるでしょう。

正しい民意を育てるのは、教育とマスコミの役目なのです。


産経です。
「国有地の売却などをめぐって数々の疑惑がもたれている大阪市の学校法人「森友学園」が、小学校設置の認可申請を取り下げた。この責任を取り、籠池泰典理事長は退任の意向を表明した。

 だがこれで、問題の幕引きというわけにはいかない。国や大阪府を相手どり、複数の不明朗な申請で国有地を安値で買い取り、補助金などを得ようとしていた。この問題を放置すれば、政府や役所は信を失う。司直の手で疑義を徹底的に解明すべきだ。」

どの社も共通していますが、産経は「司直の手で」、朝日や毎日は「国会で」、ここが違います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 哲学入門56 フロム 自由か... | トップ | 歴史ぱびりよん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社説を読む」カテゴリの最新記事