あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

授業で役立つ指導の技術-63-

2017-08-23 05:38:31 | 授業で役立つ技術と考え方
《「3回の法則」を意識しよう 》

「歴史新聞」を作らせるとしよう。
1回だけでは価値が薄い。
やらないよりはよい程度である。

作品を互いに見合い、相互評価をする。
自分にない発想を学び、また他の学級や他校の優秀作品を紹介した後、半年後に2回目を行うと飛躍的に向上していることに驚く。
ここでもシェアリングを行う。

学年が上がり3回目の歴史新聞。
いろいろな手法を身に付け、作品が洗練されてくる。
2回目の驚きはないが、十分成長を感じ取ることができる。

しかし、ここまでだった。

4回目は、伸びる子もいたが、多くは横ばい。
意欲面では後退する子もいた。
「飽き」も感じた。

もちろん、5回、6回と繰り返せば、それなりの価値は出よう。

しかし、無制限に時間がとれるわけではない。「3回がいい」と痛感した。

これは、多くの場合に通用する。

ゲストティーチャーと1回会っただけでは単なるイベント。
心に残らない。

2回目に会った時に、深い話ができる。
3回目はすでに友人気分である。共感が生まれ、出会わせた価値を実感できる。

1回しか出会えないときは、ビデオレターや感謝の作文などで2回目、3回目を仕組めばよい。

3回を仕組む

これも教師の技である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『子育ての鉄則―道を誤らせな... | トップ | 8月23日の社説は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

授業で役立つ技術と考え方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。