拈華微笑 ネンゲ・ミショウ

我が琴線に触れる 森羅万象を
写・文で日記す。

 蜘蛛の巣

2017-07-16 19:43:29 | 映画・観
 退職後、早くも2ヶ月目!
 時間もたくさん出来て、ブログも毎日更新・・・とイメージしていたが、案外そうならなかった。
 
 友人にあったら、まず聞かれる質問『退職後どう?』

 その答えは やることがいっぱいあって・・・というか『やりたい事がいっぱいあって』時間が足りない! 感が・・・
       逆に言えば、これまで、いかに自分の時間がなかったのかを 痛感している今日このごろ。

  いま、難しいけど、滅茶面白い本を読んでいて、それについて何か書きたいけど、自分の中で消化出来てない、もっと  
  もっと、時間がかかりそうで・・・そうしたことを考えていたらブログも書けそうもない。

  昨日、オリバー・ストーン監督の『スノーデン』を観て、非常に感銘を受けた。
  スノーデンが告発に至る経緯がよくわかる優れた映画であったが、告発自体が、2013年6月という、つい先日のことで
  あることに、あらためて驚くし、2003年に彼はジュネーブの国連アメリカ代表部勤務ということで、ああ、この年は
  ボクがちょうどジュネーブの引っ越し屋に就職した年だった!・・・とか、2009年にスノーデンは日本でNASAの仕事
  したりとか、彼のことを身近に感じる気がすると同時に、今、世界で何が起きているのか・・・というようなことを実感。

  プライベートのシーンは、彼のガールフレンドとの会話がメインで、あの告発後、スノーデン自身はロシアに亡命し、
  彼女が後に合流して一緒に住んでいる・・・というメッセージが最後にスクリーンに流れて、その点については安心した。
  スノーデンの正義感、そして告発後も無事でいる、よく考えた行動に喝采を贈りたい。ほんとに凄い青年だと思う。


       
        13日(木)友人に会いにチューリッヒに出かけた時、
             リートベルグ博物館で行われていた『エジプトOsiris』展へ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«   『厚顔無恥・内閣』にこ... | トップ |  お母さん!見て見て〜の天... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日は! (南京猫)
2017-07-25 17:57:09
冥界の王ですネッ!
TWのTLが恐らく大幅にずれているのでしょう。
ブログ更新のTWになかなか出会えませんでした。
今晩は (一撮)
2017-07-26 05:46:00
南京猫さん、コメントありがとうございます。
『冥界の王』がヒントとなって25日のブログを書きました。ヒントをありがとうございます。

コメントを投稿

映画・観」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL