拈華微笑 ネンゲ・ミショウ

我が琴線に触れる 森羅万象を
写・文で日記す。

クリスマス・カレンダー

2016-12-24 12:50:50 | ヨーロッパの風
 今朝、ニコルがクリスマス・カレンダー最後の窓を開けた・・・そこにはもちろん『キリストの誕生』が描かれていてボン・ノエル!( = メリークリスマス !)

  

 

 今年はこのクリスマス・カレンダーがキッチンに三枚もある。二枚はもらって、一枚の大きいのは30フラン(3000円)を払って買ったものだ。
 一枚はボクにくれたものだが、12月1日〜24日まで画面上に隠されている日にちを探して窓をめくるヒマも興味もなくて・・・。

 それをニコルはクリスチャンでもないのに喜々として開けているところに、ヨーロッパ文化を感じさせてくれて、まぁ、嬉しい気もする。
 そうでもなければ、天候もわりと温暖だし、仕事も例年になく忙しく、年末の師走感がほとんどゼンゼンない

 いまから、両親の家でクリスマス会、もうバスが来る〜 いってきまーす。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大愚について | トップ | 必撮無眼流 〜 一撮・本年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL