トーンコレクター・フィクション編

「ここに書いていることはあくまでもフィクションです。」
ってことにしとけば嘘でもなんでも書ける・・・かな?

大きなスピーカーにはかなわない・・・

2017年05月15日 | オーディオ
JUJUにはまっています。良いですね。
アルバムに出来、不出来はありますが、この際だからレンタル店に置いてあるのを
全部借りてこようかな。

JUJU - YOU

音の浸透力に負けて高域はFHT-2に戻しました。
高域を替えたときの音の変化はだいたい把握しましたので、低域の方を替えて
聞いてみようかと思っています。現在はフィリップスの正体不明16cmフルレンジ。
箱はDENON USC-F07。
まず最初にP-610Aあたりから。

居間にテレビ用のスピーカーとしてDS-22BMK2を置いています。
こいつがプレミアムビデオを見ているときなどに実にいい音を出すのですね。
「あっ、この音は小さなスピーカーでは絶対に出せない」といつも思います。
まぁ、それほど大きいスピーカーではありませんが。
幅330×高さ550×奥行285mm 10.5kg
ですから「なんだ小さい」と言われるかも。我が家では大きい方なので・・・(^^;
居間は24畳くらいあるのですがこの大きさで十分です。
大きさからくる余裕と自然な出音は小型のスピーカーでは到底出せないと思います。
DS-22BMK2を改造してマルチアンプ化を考えていましたが音が良いのでためらっています。

DS-22Bもありネットワークがなくウーハー直結のはずですから、こちらは改造
しないでそのままマルチアンプシステムの低域としてつかえるかな。

「吉田拓郎 - 午後の天気」

吉田拓郎はあまり聞かないけど、たまに聞くと良いね。このアルバムが良いのか。

「徳永英明 - My Life」

これもなかなか。元々は男性ボーカルの方が好きだった。女性ボーカルを
好んで聞き出したのはここ数年。


只今、ヨーグルト作成中。象印の電気釜の保温機能を使って。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷蔵庫が来た | トップ | 低域をP-610Aに替えてみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。