トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

乾電池ボックスが届いたのでプリアンプの電源を電池にしてみた。

2017年06月28日 | オーディオ
乾電池ボックスが届きました。普通郵便でした。
なんとも頼りない梱包。338円ですから不満はありません。

早速先に買っていたエネループをセット。
電池10本でエネループはいくらか電圧低めだった気がするので大丈夫かなと不安になりながら7AU7の小型プリの電源にします。
あれ音がしない。あらっ、用心のためメインアンプをオフにしていたのでした。
これで音が変わるならめっけ物です。
・・・

出てきた音を聞いて思わずゾワッとしました。
変わりました。
USBケーブルの場合と違って明らかに違います。
音が滑らかになって解像度が増しています。
音の肌触りがツルッとしています。なんとも言えない感触です。触ってないけどね。(^^;
これはすごい。

電源を替えると明らかに変わるのですね。
トランスの音も聞いてみたくなりました。

今回はプリアンプですが、USB DAC、チャンネルデバイダー、パワーアンプの方も折を見て音が変わるのか試してみたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リニアムツィータ ホーン計画... | トップ | 乾電池ボックス その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事