トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

フルレンジの最低周波数は・・・

2017年04月25日 | オーディオ
SABAの20cmフルレンジとFHT-2で聞いている。
低音に物足りなさは残るが16cmのフルレンジよりマシかな。
ということでWaveGeneで低音を発生させて聞いてみた。

SABAの20cmは80Hzまでのようだ。フルレンジだしエッジも硬そうだからこんなものか。
フィリップスの16cmフルレンジでは80Hz聞こえる。70Hz聞こえる。60Hz聞こえる。
50Hz聞こえないかな。
ということでフィリップスの16cmの勝ち。

20cmに替えた時、意外に低音が出てないなぁと思っていたのですが
感じていたとおりでした。

という訳でフィリップスの16cmのコンビで聞いています。

高音は試していません。
この年になると耳のほうが限界です。(^^;

ちなみにP-610Aの仕様によると
再生周波数帯域 80Hz〜13000Hz
になっています。そのうち聞いてみましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1390円のプリアンプを触ってみる | トップ | 新ドライバとホーンの音は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。