トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

FOSTEX T90A VS ビクター リボンツィーター HSW1105-01A

2017年07月11日 | ツィーター
ホーンやリニアムに追いやられて出番の少ないT90Aとビクターのリボンを聴き
比べてみました。

T90A
ずっしりと思いです。これに比べるとリニアムツィーターは吹けば飛ぶような感じ。
推奨クロスオーバー周波数 7kHzというのが気に入りません。今のところ
3ウェイにする予定もないので不要かな。
素直でよく伸びた音です。きつさもなく細かいところまで描写してくれます。
中庸、オールラウンドなツィーターだと思います。
どんなシステムに合わせても違和感がないのでは。

ビクターのリボン
こちらもずっしりと思いです。T90Aより重いかな。
音はT90Aに比べたらおとなしめ。太さも暖かさも感じるし聞きやすい。
ビクターのリボンは金属的な音と書いてあるのを何処かで見たような気がする
のですがとんでもありません。

「ジャスティン・ビーバー - My Worlds The Collection」

ジャスティンが聞きやすいです。クロスオーバーは4.6kHzにしています。
ロシア語のサイトで少ない仕様が載ってたので・・・翻訳
平面スピーカー ビクター HSW1105 01A (0 系)。
作業は、3000 80000 Hz の範囲です。
推奨周波数 5 kHz をセクションします。
フランジ寸法 88 × 124 mm 深さ: 74 mm。
良好な状態。高圧。ソフトは、非常に詳細な音が。あらゆるジャンルの音楽、および最新の形式に適しています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄関の軒下に蜂の巣、プライ... | トップ | 品物が届かない・・・その後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。