トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

ウーハーが届いた

2017年06月14日 | オーディオ
ダイヤトーンのウーハー PW-2019BMA が届きました。
裸で聞いてみたらメカニカルフィルターで減衰してるにしては結構上の方まで伸びています。
DS-22Bまではウーハー直結ですがその次の22BmkIIからはネットワークが使用されているのも無理ないかも。
エッジが少し硬そうで低音が出るのか心配です。

DENON SC-101 の箱に入れてみます。
左の低域はP-610Aのままで音を比較してみました。
WaveGenで100Hzの低音・・・
おなじ100Hzなのに音色が違います。
P-610Aの方が高い100Hzに聞こえます。
2019BMAの方が音が広がりどっしりしています。
16cmフルレンジ VS 20cmウーハー
同じ周波数の音を聞いてみたら思っていたより違いがありました。(^^; 音色が違うというか
P610Aとフィリップスの16cmではそれほど大きな違いはないのですが。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ubuntu Studio というのがあ... | トップ | テレフンケンの12AU7が届いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。