トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

新しい機器を導入したら何故ものすごく音が良くなったように感じるのか・・・(^^;

2017年05月12日 | オーディオ
昨日の夕方真空管7DJ8を使ったラインアンプが届きました。
主夫業を後回しにして聞いてみました。

「うーむ、まだ上の音があったのか」
直前まで聞いていた12AX7ラインアンプの方が音楽を楽しむには向いているいると思いましたが
ぐっと音が引き締まり(きつくなって疲れるかも)違う傾向の音です。
メーカーの分からないロシア管がついてしましたがフィリップスの6922が使えるか興味も
あったので交換します。
分解能が鋭く各楽器の位置が横上下奥行きまでピタリと分かります。
「浅川マキ - 浅川マキの世界」出だしでもそもそと喋っているところがあるのですが
そんなに大きな音で聞いてないのでいつも何を言っているのが分からない。
低めの音で何を呟いているのかわかったのは初めてです。
「これはすごい」と色んな曲を聞きました。
カーペンターズの「緑の地平線」でカレンのつばきの音まで聞こえるかちあきなおみの
「ちあきなおみ - 日本をもっと愛したい」の最初の出だしで息継ぎの音は
白鳥英美子の「アメイジング・グレイス」では・・・どうだぁ。
いずれも伴奏なしの声だけの所でチェックです。バカですね。
カレンとなおみの息継ぎは聞こえますが白鳥英美子は分からず。小田和正も息継ぎ分からず。
まあ色んな曲を「すごいすごい」とつぶやきながら細切れに聞きまくったわけです。

おかげでご飯が姫が替える時間までに間に合いそうもなかったので炊飯器の設定で
「もちもち」ではなく初めて「急速」で炊きました。ご飯の味が犠牲になりました。

さて一日明けで聴き直すとたしかに良い音ですが昨日ほどの感動はありません。
夕方の方が周りの音が静かになるのも一因。日中より夜のほうがよく聞こえます。
もう一つは昨日ほどの耳をそばだてて聞いていないのですね。
聞き流しています。

「コールマン・ホーキンス - Hawkins! Alive! At The Village Gate」

機器を替えるとどのように変わったか・・・音に集中する。
普段は何気なく聞き流しているので集中して聞くと普段聞こえない音まで聞こえる。
新しい機器はすごい・・・となるのではないか。

7DJ8のラインアンプ確かに細かい音まで聞こえて良いアンプです。
まだ現在のシステムに馴染んでないのでキツめに聞こえます。真空管を替えたりいろいろ
触ったらより求める音に近づいていくと思います。
でも、とりあえず聞き流して心地よく聞こえていた12AX7の方に戻してみましょう。(^^;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビクター リボンツィーター H... | トップ | XRECODE2が使えなくなった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。