トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

フィリップスの16cmフルレンジ その3

2016年11月12日 | オーディオ
フィリップスの16cmフルレンジは気持ちよく歌っています。
ツィーターを取り外してスポンジを詰め込んでいたのですが、結局ツィーターを取り付けて(接続してません)密閉型にしています。
反応が少し遅くなったような気もしますが、音に僅かに粘りが出たかも。
上から下までバランスが良くフルレンジ一発とは思えない音がしています。
定位が良く楽器の位置がよく分かります。
弾むような鳴り方です。

ネットで調べても型番は分かりません。
このPhilips フイルムプロジェクター用 可搬型スピーカーシステム
一番近しい感じです。アルニコです。
形状からフィリップスなのは間違いなさそうです。

一通り聞きましたが苦手なジャンルはなさそう。
女性ボーカルとジャズが良く、クラシックも雰囲気がある。

明るく切れの良い高音と、フルレンジと思えない(上も下も特に不満がない)音の伸び、
弾むような鳴り方を評価して、メインメンバー入り決定です。

ユニット単体でのあの音の良さは何だったんだろうと思っているのですが取り外すのも面倒くさいし、音に飽いて暇な時の楽しみに
とっておきます。

試しにUSC-07Fのウーハーを単体で鳴らしてみたら長時間聞けるものではありませんでした。
「普通そうだよな」と妙に納得。(^^;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィリップスの16cmフルレン... | トップ | フィリップスの16cmフルレン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事