日々是好日(膵臓癌と向き合う日々)

膵臓癌になって思ったことや感じたこと、その関連の情報を書いてゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

WT1ペプチドワクチン

2009-05-22 21:27:26 | 膵臓癌

今日は朝5時半に起きて、大阪の伊丹空港から杜の都仙台にある東北大学病院にWT1ペプチドワクチンをトライしに行ってきました。
(ちなみに、大学の研究室にいたころこの空港の職員食堂に時々潜り込んでいました。今食べるとどうか判りませんが、当時ここは学食と比べ旨かった。)



WT1ペプチドワクチン治療は、大阪大学医学部が主導しているもので、今回東北大学病院が行っている治験の正式名称は
”化学療法抵抗性の進行・再発膵癌に対するWT1ペプチドを用いた免疫療法パイロット研究”
です。ちなみに治験のレベルとしては第II相臨床試験で、第I相臨床試験が安全性を中心に調べるのに対して、第II相では効果を中心に調べます。なお、WT1ワクチンは一般の抗がん剤とは異なり第I相臨床試験で副作用はほとんどなかったようです。


まず、これを受けるために行ったのは、以下のHPにある番号に電話して江川先生(東北大学医学部の准教授)に条件等をお聞きしました(下のURLのHPにも書いてありますが再確認)。お聞きすると応募条件に合致する可能性があることから、今掛かっている主治医の先生に相談して本治験への紹介状を書いてもらい、その上で東北大学病院の予約を入れて、本日を迎えることができました(その前に造影剤入りのCTを取ってもらい現状を確認てもらったりしました。)。主治医の先生に感謝です。ちなみに今回の治験の人数枠は10人で、わたしで7人目だそうです。
https://center.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi?function=brows&action=brows&type=summary&recptno=R000001824&language=J
UMIN000001504


さて、今朝は10時半ぐらいに病院について初診を済ませ担当診療科の肝胆膵外科に行くと、まず、血液をとられました。それにしても注射の針は何回刺されても慣れません。痛くはないのですが体に針が刺さっているという事実に耐えられません。今回も相当いやな顔をしていたのでしょうかか、看護師の方に”大丈夫ですか?”と聞かれてしまいました。


1時間半後の12時半ごろに血液検査の結果が出て一旦呼ばれたのですが、説明等に時間が掛かるので他の患者さんを優先してもいいですかとの先生の質問に元気に”ハイ”と回答し、再度呼ばれたのは13時ぐらいでした。それから治験の説明を聞き、同意書にサインし、これまでの治療の経過を聞かれました。これらに約1時間ぐらいかな??先生は温厚な方で、本治療に関する私のいろいろな質問にも丁寧にお答え頂きました。


治療自体は非常にシンプルで、まずは腕に薄めたワクチンを打ってワクチンに過剰な反応をしないかを確認しました。これでワクチンを打ったところが真っ赤になると適用除外になるのですが、無事この試験をパス。その後、本治療用のWT1ペプチドワクチンを、両脇の下、おなかの両側、両足の付け根のリンパ節の近くの合計六箇所に皮下注射してもらいました。こちらも注射自体は針も細いので痛くはないのですが、また頭がいやいやをして近くを手で押さえていたら、先生に手をどけて下さいと言われてしまいました。


これからこのペプチドワクチンを原則週1回合計8回打ちます。その8回の間先生が居られない週は治療ができないため、週が跳んだりして終わるのは8月中旬になる予定です。(ちなみに次はバーンと空いて6月19日)


第I相臨床試験は、ジェムザールとの併用ですが治療が効いた人もいるそうで、その人はガンが小さくなって手術でガンを摘出されたそうです。


暫くは仙台詣、この治療が上手く行くことを願って、皆さん ”Cross your fingers”してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の花たち(その4) | トップ | 膵臓癌とTS-1という抗がん剤... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
闘ってください。 (Fodawing)
2010-05-29 11:43:53
注射がキライだ、とか。よい暗示法があります。
合谷というツボを指先で揉むと脳内モルヒネ様物質の生成を促進して痛覚閾値が上がるというものです。しかし奇異の眼差しを受けるので待合室で早めに揉むこと。

コメントを投稿

膵臓癌」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事