日々是好日(膵臓癌と向き合う日々)

膵臓癌になって思ったことや感じたこと、その関連の情報を書いてゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これまでの経過(その8)

2011-01-16 11:16:20 | 膵臓癌
 ここ数ヶ月記事の更新をサボっていましたが、近況を報告したいと思います。大枠で言うと12月頭に体調が悪化しましたが、今は徐々に本当に少しづつですが回復傾向にあります。

 まず、11月末に東北大学病院に癌ワクチンの治療に行きましたが、一旦ステロイド治療で治まっていた激しい痰と鼻水が再発し始めたので、ワクチンは中止となりました。

 東北大学病院に行く前から少し体調が悪いなと感じていたのですが、12月に入り体調が本格的に悪化して、一時は意識が朦朧と言うよりは飛んでしまいました。原因は癌が大きくなって門脈を圧迫し、血中のアンモニア値が高くなり、意識障害を起こしたそうです。その前日ぐらいからのことは、全然記憶になく(焦点の合わない目をして、医師、看護師さんたちがおられる詰め所に行って、病状を尋ねて車椅子で部屋に帰ったようですが。。。)、その際に看護師さんが血液検査をしてアンモニア値の異常を発見してもらえなかったらと考えると怖いです。その後、意識が朦朧として家族、親せきの皆が集まっているのは認識できたのですが、みることも、正確にはだれが来ているのかもわかりませんでした。(オー怖、この時は死ぬってこういう状態なんだと思いました。)現在は、朝晩血中アンモニア値を下げる点滴を入れて体調を保っている状態です。

 その後数日は、少しベッドで横になっていたのですがビックリするぐらい体力が落ちました。まず、足が上がらない、腕で自分を持ち上げられないというところまで行きました。今は体力回復に努めており、本当に少しづつ体力を挙げて行き、やっと階段も手すりにつかまらず上がり下がりできるまで、腕もベッドから体を上げるぐらいまで回復(ホカリのペットボトルダンベル)してきています。

 これからまたすこしづつですが、ブログを更新しますので期待してください。

P.S.
 まいさん、ご心配のコメント頂きありがとう御座いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癌ワクチンの治験について | トップ | アラン 幸福論 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (ゆいママ)
2011-01-18 23:22:11
ブログの更新がないので気になっていました。
久しぶりに文章を読むことができよかったです。

ゆいは12月5日天国に旅立ちました。
最後は、わたしの腕の中、家族に見守られて。。。
だからよかったとは思わないです。ただただ
くやしいです。11月末に余命1か月と言われ、
それから2週間で亡くなりました。家で過ごすこともかなわぬまま、あっという間でした。
せめて贅沢はいわないから、1か月くらい家で
普通の生活を送らしてやりたかったです。
あのとき、ああすればよかったとか、これから
ずっと考えると思います。8か月の時からずっと
10か月間入院生活を送り、またそのほとんどを
無菌室で過ごし、この子の人生はなんだったんだろうか、少しは楽しかったのかなとか思います。昨日四十九日法要が終わったのですが、
悲しみがやわらぐことはないです。
いまのしんじさんに、正直うまく言葉をつたえれません。
すべての病気がこの世からなくなってくれたら
いいのになと思います。
体調いかがですか? (まい)
2011-01-19 00:45:18
久しぶりのコメントにただただ喜び、安心した次第です。一時は体調を大変崩されていたようですが、回復してることを知り大変嬉しくおもいます。私事ですがしんじさんに、母の事で相談にのっていただければと思ってコメントさせてもらいました。体調優れない中申し訳ありませんが、お返事お待ちしております。
まいさんへ (しんじ@ブログの主)
2011-01-19 09:03:06
お母さんのことで、わたしでお応えできることなら喜んで、相談に乗らせて頂きます。ただ、専門家ではないのであくまでもご参考程度になりますことを了解ください。
早速ありがとございます! (まい)
2011-01-19 11:58:14
今朝の体調はいかがですか?
母は糖尿病なり今週からインスリン打ちはじめました。今は糖尿病の症状が強いように思えます。
大阪にワクチンを打ちにいってから効果は見られている値が出てはいるんですが、癌の進行度の方が早いようでCA19-9が5380まであがりました。最近腰が痛いと言うので 膵臓癌の痛みが出てきたんではないかと思っています。まだ今は一人で生活していける範囲内なんですけど、いずれは在宅か緩和病棟での生活になると思います。しんじさんはホスピスに決めた経緯はブログで拝見し、ホスピスの生活や感じてる事をおききしたいです。よろしくお願いします。
ホスピスでの生活 (しんじ@ブログの主)
2011-01-20 15:56:00
わたしの居るホスピスは、非常に快適です。医師の先生は患者に指示ではなく、対話で応じて頂けますし、特に看護師の方々の、笑顔、患者とその親族を支えるコミュニケーション力には、正直頭が下がります。ただ、ホスピスに入ると逆にこちらから積極的に動かないとなんで看護師さんになんでもやってもらえるので、痛みが少ないうちは積極的に歩かれるのが良いのかも解りません。
ゆいママさんへ (しんじ@ブログの主)
2011-01-20 16:12:11
お子さんのご冥福をお祈りします。2週間とは短かったですね。でも、ゆいママさんは精一杯頑張られたと思いますよ。
わたしの場合は約2年前にもって1年多分半年ぐらいだと言われました。人間わからないものです。
今は、本なんて読まれる気にはなられないでしょうが、落ち着かれたら「アランの人生論」を一読されるのをお勧めします。ぜひ。ぜひ。
ありがとーございました〓しんじさんのいるホスピスは期間はきめられてないんでしょうか?私は埼玉県なんですが、がん緩和ケア病棟は4つしかないようです。母が動けて日常生活できるうちは、 在宅で緩和ケアしていけたらとは思ってますけど、やはり母が思う生き方をさせてあ (まい)
2011-01-20 22:50:31
まちがえてタイトルにコメントいれてしまいました〓
前回のコメ載ってなかったみたいで〓 (まい)
2011-01-26 20:57:42
ホスピスは環境的にいいみたいですね。私の母も緩和病棟やホスピス 在宅も考えています。しんじさんは在宅は考えなかったんですか?
在宅につして (しんじ@ブログの主)
2011-01-28 09:14:54
わたしの場合、家庭の事情があって在宅は考えなかったです。あと、生命保険請求(入院)などもありますので。
でも、近くに在宅のいい先生がおられるなら在宅もいい選択だと思います。なによりも家族と一緒におられるのですから。緊急対応や痛みがある場合の対応ではホスピスに少し劣るようなきもしますが。。。。このブログを見ておられる他の方で在宅医療を経験されたかたコメントを頂ければ幸いです。
体調いかがですか (まい)
2011-01-28 12:19:37
ありがとうございます。緊急時を要する時はやはりホスピスですょね。家族も安心ですものね。
色々ご意見 情報聞き入れて考えていこうと思います。

しんじさんの治療は効き目ありますか?母の治療BCGは効き目がいまいちなのか、あまり反応が見られてない感じです。今後他の免疫治療していくのか検討中で 樹状細胞免疫療法ってご存知ですか?費用はかなり高く、一度は断念したんですが、母の生きたいという気持ちを優先するのなら、した方がいいのかと考えてます。しんじさんの知ってる治療 免疫療法教えてください。

コメントを投稿

膵臓癌」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事