連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

病状改善は、症状改善には直結しない

2016-10-18 12:21:13 | 健康・病気
検診で、不整脈を指摘された。
自身の研究関連で、心エコー検査を、する機会があった。
膠原病関連の、心筋所見であった。
姿勢が良くなって、心臓に影響があるかもしれないと危惧をしていたので、
不安が的中?そのための不整脈?
それとも年齢相応の心臓の不整脈発現?

全身荒原組織の炎症の結果、体全体が固まって、箱が平行移動するような、リズミカルとは対極にある動き方ですが長年過ごしてきた。
太極拳を始めてから、ストレッチでゆっくり体が動くようになり、
ひきつれ、制限ははあるが、
首は回るようになり、
手もなんとかまっすぐに伸び、
折り目ズボンの線は、平行に前を向くまでに、両足は伸び
固有背筋は、左右確認でき(以前は、右のみで左は確認できず)
右側腹部と大腿上部の癒着はほぼなくなり
まっすぐ、正面を向けて立位を取ること可能となったのが、1週間ほど前。
動きを伴い、直立を維持できる筋肉はまだまだのようで、
動かないから痛くなかった、肩の痛み、腰痛、膝痛を味わっている。

”姿勢悪いようですけれど、どこか痛くないのですか?”と質問されていても、”痛くありません”と応じていたのですが、
”姿勢良くなりましたね!”と言われ始めてから、体のあちこちが痛み出している。

改善に、幸い、希望が持てるのは、

右手首の癒着がはがれ、手がまっすぐになったときは、数カ月、首が回るようになったときの、飲み込み時の疼痛は1年ほどで、消失。

今回の、膝痛は、改善するのか?正座するまで大変だが、正座をして痛いわけではない。
腰痛は、直立時の左の筋痛。
筋肉を鍛えれば、消えそう。
不整脈は、今以上に、固縮が改善すれが、治るのかしら?

かって、貧血で受診し、原因精査で、甲状腺機能が著明に低下していることが判明し、
甲状腺剤を内服し、正常値に戻ってきたときに、
”具合が悪い!数値が改善していると、言われても具合悪くなるばかりで、仕事もできない!”と患者からなじられたことを思い出している。
「こんな低値で、普通に仕事していては、生命に危険!」とばかりに、
甲状腺専門家に相談し、専門医も「即入院」を進めたが、
患者は、”仕事をしなければ生活できない”と拒否され、
外来で投薬し、改善してきた結果、”よくなったからといたって、具合は、悪くなる一方”
しかし、健常値が、維持する間に、楽になったようで、不平は消失。
極めて異常状態でも、徐々に悪化した場合の、人間のなれという代償能力に、脱帽です。
さらに、重篤になったときの耐える体の能力は、枯渇寸前ですので、並を保つことは大事
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 検診を受けて | トップ | アメリカ合衆国民の底流を201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。