直通特急の臨時停車

模型製作・鉄道写真を主としたブログ

山陽電車3000系 3000F

2016年04月30日 | 列車観察(その他)

2015年12月5日 須磨浦公園~塩屋

以下2016年2月23日 播磨町にて

3600 姫路→

3001

3000 ←須磨・高速神戸・神戸三宮
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の一枚 2016・5

2016年04月29日 | 日記・その他

2016年4月27日 山陽電車6000系
昨日の今日なので特に説明もいらないようですが・・
詳しくはこちら・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年4月27日 山陽電車6000系出発式

2016年04月28日 | 鉄道撮影記(2016年)

本日の主役が到着するまでの一コマ
バタバタしています。

職員と姫路にゆかりがある人に見守られながら主役が到着。

ミス姫路(かな)としろまるひめと記念撮影。

この6000系に乗務する運転士に記念の花束



ファンサービスでこちらに向いてくれましたので、素早く撮影



3000Fが到着。

この電車はこの駅で車庫に入るのか、回送幕になっていました。

たくさん人がいたので、こんなところでしょう



6000系が出発の時間となりました。

駅長としろまるひめの指差で出発

3000系をあとに出発していきました。

余談ですが、反対側は副表のデザインが少し違う模様。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラッツ 京阪600形パト電4 600形の違い

2016年04月24日 | 完成した模型の製作記
600形に少し製造時期により違いがあるのは、ご存知ですか?
ここでは、製作記に触れる前に実車の写真を見ながら解説します。

説明の都合上、こちらの写真をAタイプとし

パト電はBタイプとします。
もちろん、製作中の物はBタイプですよ。

最初に簡単な違いから説明します。前面の顔にあたる部分ですが・・
Aタイプは前面のみ。Bタイプは側面まで窓が回り込みます。
これにつきましてプラッツから専用パーツが同封されてきます。
つまり、ここはBタイプ用の前面パーツがついているため、いじる必要がありません。

では、どこをいじるかと言うと・・
結論から説明すると
Aタイプとは、1次車にあたり300型から流用して製造されたタイプ。
Bタイプとは、2-4次車で1次車以外の260形を流用して製造されたタイプです。
旧性能車置き換えにつき製造などに違いがあり、それがどこなのかということなんですよね。。。

ここからパト電の写真がないのが恐縮なのですが、先ほど申したA・Bタイプで説明させていただきます。

ではAタイプから妻付近をご覧ください。
屋根のグレーの部分が妻面まで回り込んでいることが、確認できます。

続いてBタイプ。こちらは違い、妻面まで屋根が回り込まず、雨どいの位置も違いますね。

ようするに妻パーツが違うのです。何も改造とかはせずストレートに組むと妻のみAタイプになってしまいます。
プラッツ3作目でちょっと、ここをいじってみようかなお思います。

雨どいをニッパーなどで大まかに切ったあとヤスリで完全に消します。
ここで、雨どい付近の配管を合わせて撤去。

一度、側面の雨どいを簡単に埋めてからPカッターで側面の雨どいを延長。
またプラシートを貼っています。

棒状のシートが好ましいのですが、在庫がなく店頭にもなく0,6mmの丸形のシートをやすって、それらしくしています。

解説までして、あくまでのらしくなのがアレですが、このあたりが技術の限界というか・・
まぁ私的には十分見れると勝手に解釈しているので、このあたりでしょうか(笑)

5へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年5月22日 EF210-303試運転

2016年04月22日 | 鉄道撮影記(2010~2015年)

とりあえず桃太郎を釜重視で練習

こんなところでしょう。
私はこちらのデザインの方が好きですねぇ

スマシオ付近から撮影

223系も横の顔が拝めるのは、いつまでしょうか。

221系も原型はもちろん。顔にも幌にも変化が付きましたね。

189系を撮ったところで影が限界に・・

結局、この撮り方。臨機応変な力がほしいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年5月21・23日 よく行く場所

2016年04月21日 | 鉄道撮影記(2010~2015年)
21日

2077レにムドが付いていることを期待しましたが付かず、おまけに荷物はめちゃ少ない・・

阪神9300系 よく撮ります。

山陽5000系 5018Fの編成もよく撮るなぁ

23日

阪神赤胴が怪しくなることを見越して撮りためていた時期でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年5月18日 阪神8000系とか8866とか

2016年04月20日 | 鉄道撮影記(2010~2015年)

このころは3000系の標識灯は一部、電球でした。

赤胴と赤胴。今は一両も見ることが出来なくなりました。武庫川線以外ね

このころの8866レには、よくムドが付きましたがEF64-1000ですね

再び8000系を撮影して撤収。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラッツ 京阪600形パト電3 その動力、鉄コレにつき・・

2016年04月19日 | 完成した模型の製作記
久しぶりの更新ですね。ハイ
サボってないですよ。ハイ

ではでは本題へー・・と
このキットは前にも書きましたがGMキットが基本のベースでございまして、随分古いキットなのですよね。
その頃のGMキットには動力が含まれており、トータルキットとして出されておりました。
しかし、GMでは専用の動力というわけではなくトミー製の箱根登山鉄道用のベルニナが用意されておりました。
当時では珍しかった15m級の動力でも今は、トミーもといTomixから車輪幅まで再現されている動力が発売されておりますので、こちらを使います。

なにしろGMのキットにはついていますが、このキット プラッツはディスプレイモデル。動力はついてないですからね。

プラッツキットそのものはGM。しかし使うのは鉄コレ。幅が異なります。
では加工しましょう。
先を見越して車体側には、あまり手の込んでない加工を行いましたが、特に加工せずに組めそうなのは置いときましょう(笑)。
ですのでメインは動力側となりました。

といっても、こちらも軽加工。
全てプラシートで広さと厚さが8mmのものを使用しました。
写真のようにカット、接着を行っています。

いろいろ試作を繰り返した結果、今のところ最善でめり込んだりということもなく、この方向で決まり。

いつものことながら写真が悪いですが、車体との隙間を見てください。
まぁ窮屈ではなくピッタリかなと・・

最初、厚さ10mmを使ったら車体を圧しまして、車体が膨らむという事態が発生、8mmになりました。

4へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京阪700形「きかんしゃトーマス号2015」

2016年04月16日 | 列車観察(その他)

2015年5月10日 浜大津~三井寺にて撮影

701







702




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一度に複数できない・・

2016年04月15日 | 日記・その他
いっぱいカテゴリーがありますが、実際、一年以上更新していないのもあり手詰まりが起きてたりするのもあり、なかなか上手くことが進みません。
一度カテゴリー整理にしたいところ。
そんなこといいながらPC整理をしながら模型を作る・・大丈夫かー俺。。

2007年8月24日 117系
福知山色はこの一枚しか撮って無かったです。下関に行って撮りたかったですね。
227系が入り、いよいよ本格的に新性能国電が軒並み変わりそう。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加