直通特急の臨時停車

模型製作・鉄道写真を主としたブログ

フジミ ゆりかもめ7200系を走らせる2 M車の動力化を考える

2017年06月17日 | 完成した模型の製作記
今回からはNゲージで走らせるべく、動力をどう組ますかについて考えます。

ためしに中間にKATO「チビ凸用動力ユニット」をかぶしてみました。
長さが近似してるのかなと思います。

客車に対応する動力なので手すりとハシゴがついています。
これを切除します。

結局、長さを合わせるためにカプラーを切ってしまうことになったので、先頭車に対応させます。

わずかに横幅があいません。
ダイキャストが露出するまで削ります。結構大変でした。。。
また後々、床下の再現を行うため、台車の再現モールドを平らにしておきます。

被せたら、いいところにきました。

動力ユニットの片側にカプラーを復元。下側を残しておいたので、カプラー自体は収まるようにしました。
とりあえず、このまま進めますが、後で修正がいりそう・・

次はT車のNゲージ対応化を行います。
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年2月23日 朝のスマシオ | トップ | 高校の文化祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。