直通特急の臨時停車

模型製作・鉄道写真を主としたブログ

山陽電車6000系を振り返る

2017年03月14日 | 列車観察(その他)
お世話になった先輩のリクエストを1年間ほったらかしにしましたが、まもなく営業運転に就く1年を迎えるということで、ここでは撮影順に山陽電車の6000系をふりかえりたいと思います。

2016年の2月 この日は風も穏やかで水面に車体が映り込んでいました。



試運転の最初は回送表示で少しがっかりでしたが・・



のちに試運転の表示になり運転をしていました。

写真にはありませんが、阪神の公式ツイッターでは阪神梅田まで乗り入れたとか

この日は休日にも関わらず6連で試運転

夜にもその姿を見ることが出来ました。

西の方で試運転が主なような感じでしたが、東でのちらほら見ることが出来ました。



屋根や床下。これから汚れるであろう場所は早めに記録しておきました。

姫路1番線に試乗会の電車が入線。ホームは封鎖していました。簡単にホーム端から

試乗会後は試乗会以外でも団体電車に登板

副標の種類が違うので編成数が少ないのにも関わらず楽しかったです。

4月27日には営業運転に入りました。





しばらくは記念のヘッドマークと副標を掲げていました。
すっかり、このころには床下など新車6000系にも汚れが目立ち始めましたね。

山陽 鉄道フェスティバル2016では歴代のアルミカーが並びました。

このあたりでしょうか・・今度また6000系の増備が登場することでしょうが、3000系の引退も本格的になることでしょう。
今度は3000系について見ていきたいと思っています。(いつになるとは言えませんが)
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 207系 Z10編成(改)+S37(改) | トップ | 2014年8月21日 箱根登山3000... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

列車観察(その他)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事