直通特急の臨時停車

模型製作・鉄道写真を主としたブログ

GM 京阪10000系を塗り替える2 デカールを貼りつけるために

2017年04月21日 | 完成した模型の製作記
いよいよデカールを貼ろうと思ったら、窓までラッピングがされています。
しかし、ラッピングされてない窓もあります。乗務員室の窓や客用窓、妻面です。
こちらを一緒に貼るとデカール上の都合が悪いのとクリアを吹いたら白く曇ってしまうなど、完成後の差支えが予想されるので、ちょっと一工程を置きたいなと思います。

とりあえず分かりやすいように車体をスキャナーで画像化してからyoutubeで窓の確認を行いました。
窓に×印があるところは、窓にデカールを貼るところになります。
なんの後処理もしてないので、車体が傾いたりかけてますが、勘弁で・・


←出町柳・私市









出町柳・私市→



間違ってMcに書いてしまった汗




あとで見やすいように出町柳の向きだけ記載。

屋根に車体番号と出町柳(D)を書いておきました。
窓は一側面につき一枚なので、カッターでばらしてからゴム系接着剤で貼り付けを行っています。

さて、やっといよいよデカール貼りです。3に続く
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸電鉄1300系 1373F | トップ | 山陽電車6000系 6004F »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

完成した模型の製作記」カテゴリの最新記事