ぶらんこに乗って

日々の想いを…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悲しみが止まらない…

2016年10月29日 12時22分17秒 | あのね 今日はね・・・
10月になり悲しい出来事がありました。
親友のK子ちゃんから そちらにひと月ほど帰りますと…
えっ〜!沖縄から?

突然、お姉さんが亡くなったとのこと、お姉さんが実家に残りお母さんと暮らしていたのに…
市内なので飛んで行きました。

まだ50代のお姉さんの死は、周りの方々の悲しみも大きく本当に辛い時間が流れました。
K子ちゃんのお手伝いに徹し数日が過ぎました。
慌ただしく大きな悲しみの中葬儀諸々が済みました。

そこに電話が…
母を姉の様に慕ってくれ、30年来のおつきあいで、本当にお世話になった近所に住むMおばさんが亡くなったと…
なんで?なんで?
夏には、母の病院に何度も来てくれました。
お盆に母が帰宅した時に、一番に会いに行きました。

少し痩せたかな?と思ったけれど、庭先でスイカを頂いて笑って話したのに…

膵臓癌だったそうです…

母の部屋でMおばさんと母がラベンダー畑の前に立つ写真が笑っています。
何度も頑張るんだよ頑張るんだよと、母とあたしを励ましてくれました。
Mおばさんも病気だったのに何にも出来なかった…

葬儀場が、数日前に行ったK子ちゃんのお姉さんと同じ場所で同じ部屋で、火葬まで同じ…
頭の中が、走馬灯の様にぐるぐると…時折意識が遠のき気を失いそうになるあたしでした。

母より若い二人が一週間の内に逝ってしまった。
母には、言えない…
止まれ…
止まれ…
もう誰も行かないで…

その数日後、母の退院が決まり また母は、施設に戻りました。
母は、あたしの悲しみに気づいたかの様に、前より話さなくなり、食欲も失い、急激に36キロに体重が落ちて小さくなってしまいました。

母とあたしを心配した娘が、飛んで来てくれました。
ありがとう。しっかりしなきゃね。

そんな昨日、夢をみました。
会いたい人に会えました。
うん…大丈夫よ
ふと流れてきたメロディに泣きました…


夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界 もう幻

汗ばんだ私をそっと抱き寄せて
たくさんの初めてを深く刻んだ

揺れる若葉に手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
いつになったら悲しくなくなる
教えてほしい

今日私は一人じゃないし
それなりに幸せで
これでいいんだと言い聞かせてるけど

勝てぬ戦に息切らし
あなたに身を焦がした日々
忘れちゃったら私じゃなくなる
教えて 正しいサヨナラの仕方を

誰かに手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
今あなたに聞きたいことがいっぱい
溢れて 溢れて

木々が芽吹く 月日巡る
変わらない気持ちを伝えたい
自由になる自由がある
立ち尽くす 見送りびとの影

思い出たちがふいに私を
乱暴に掴んで離さない
愛してます 尚も深く
降り止まぬ 真夏の通り雨

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまであなたがいた未来
たずねて 明日へ

ずっと止まない止まない雨に
ずっと癒えない癒えない渇き


…真夏の通り雨…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ざわわ… | トップ | 彩りの頃… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL