風を泳ぐ -2-

■詩詠-ウタヨミ-
■SwimTheWind Part2
【By s/yumic.】

ずぶ濡れの塊

2017-05-12 | my typhoon
ご主人様の
おっしゃる言葉
差し向けられたお顔
その奥底が移ろう

奴隷だなんて
気づかなくて
支配されているなんて
気づかなくて

痛んでいく心や体を
病んでいる世の中に
合わせられなくて苦しいと
嘆いていた
自分を責めることは
簡単だから
強くなれないことを
悲しんで
自分のドアの鍵をかけ続けた

自罰的な生き方だなんて
知らなかった
痛みを忘れるための
さらに大きな痛みを求めたのは
深い闇に居る
口に出来なかった痛みの塊の意思

優しく
大切にまかれた種を
育てるときの
あの繊細さで
わたしのことを育ててほしいと
願うのよ

奴隷には忘れられない
主人の振る舞い
せめて
大雨の中でいいから
ずぶ濡れの中でいいから
呪う言葉を叫ばせてくれないかと
望む日が続く
まだ続いているよ

(c)s/yumic.From2005

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生き血のrhythm | トップ | to you »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

my typhoon」カテゴリの最新記事