aiyouwn

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

当時、砂漠

2017-06-16 10:35:32 | 日記
当時、砂漠の中の随所に犠牲者の遺骨が、リーダーの総みんなを止めて、選択高地穴を掘って、骨を埋めるのは、彼らの木や石の木の枝を簡易の墓標。でも、砂漠の中で骨が多く、埋まり仕事が大量に時間を占用て。
隊員たちは、「我々は考古学に来て、死んだのは、死人に尸を受け取るのではない。」
しかし队長頑固には「一ひと山の白骨も、かつてはわれわれの仲間に忍びない彼ら能恩に死体遺棄荒野?」
約一週間後、考古のチームは砂漠の中で数多く発見された古人の遺跡と十分に世界を驚かせ、文化財。
しかし彼らを離れた時、はげしい嵐、数日幾夜何の希望もなくて。そして、羅針盤が故障を起こして、考古学のチームは完全にあさっての方へ行く、食べ物や淡水から欠乏して、彼らのこのわかったどうしてあれらの同行できなかった昔出。
危難の時、隊長は突然、「絶望しないで、私たちは道中に道標を殘ていった韓國 泡菜!」
彼らは、道に沿って、骸骨の木の墓碑の墓碑、最終的に死亡の海を出てきた。
受け入れタイムズ記者とのインタビューで、考古隊の隊員たちも感慨:「善良で、私たちは自分を殘す道しるべ!」
砂漠の中、善良で、自分のために殘して、私達は家に帰る道を探し当てさせて。
人生の道の上で、善良で、心の羅針盤で、私達は永遠に方向を見失うことはありません。
いくらあなたは傷つけて、長期的に見れば、あなたはあなたを傷つけるかもしれない自分、あなたは今は眠りのお知らせが、それはきっと帰って巻き。
あなたは他人に対してやって、自分に対する、これは昔から最も偉大な教えです。
人に何かを作っても、その真の接収の人は、他人ではなく、自分自身で韓國 泡菜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上を見れば方図が無いスター... | トップ | 艾笛がちで »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。