Happy go Lucky

美術館・ギャラリー・撮った写真や好きな絵、そしてひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぐるっとパス2017の旅【9】昭和館

2017-04-23 | 【アート】美術館・ギャラリー・レビュー
=====
これは、東京在住 30代社会人 女 が、ぐるっとパス2017のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ有効活用できるかという静かなる戦いの記録である。
=====

これから書くものは、先週の火曜日に行った場所の記録である。平日だ。
なぜ私はぐるっとパスの旅に出たのか?
ズル休みじゃない、正当なる午後半休を使いました。
だって週末だけじゃまわりきれないんだもん。

降り立ったは九段下
国立近代美術館くらいしか来たことないですが、チケットをぱらぱら見てるといろいろな施設が。せっかくの機会ですから行ってみよう。

実は当初、昭和館に行くつもりはなかった。
こんなこと言うのもあれだが、気が滅入る…
夏にジブリのほたるの墓がやってるけど、ああいうの見てもズーンってなる。

はい、入り口です。
古い建物のようです。中に入ると…意外に人がいました。

7階の展示室入口から、年代順に見て6階が出口です。
そのほか図書の階、映像などみれる階などありました。

展示は、昭和10年頃〜30年頃までの暮らしの変化を、当時の戦況などの背景とともに展示してあります。

戦争が激しくなるにつれ、どんどん生活が苦しくなっていくのがわかるのです。
着ていたものや、道具などが展示されているのでものものしい雰囲気。
うぅ

私は祖父から戦争の話はいろいろ聞いたことがあるのですが、
とにかく言うのは、そういう時代だった、ということと、生き死に関しては運みたいなものだった、ということ。
たしかに、祖父は原爆投下の日、たまたま訓練のため中心地から離れたので被爆しなかったらしいのです。
その日は路面電車がすごく混雑していて、そのまま順番待ちしていては間に合わないからと、兵士が優先されて乗車し、移動したんだという話も。
原爆投下後、訓練は打ち切りになり、すぐ市内に戻ってさまざまな作業にあたった話。
そこで見た光景のこと。

もしその日、訓練がなかったら?
優先されたりせず、路面電車を待っていたら?
そもそも四国出身の祖父が、徴兵された部隊が別のところだったら?

祖父が相手ということもあって、私も思いついたことを口にしてしまうのですが
祖父が答えるのは、そういう時代だった、運が良かったのだ、と。
戦争を経験した人にとって、それは終わったことではあるが、乗り越えたわけでもなく、何十年経っても昨日のことのように語れるくらい生々しい出来事のままなのだと思う。

私のように直接話を聞ける人はこれからほとんど居なくなるのだから、こういう施設は重要なのかもしれない。

と思った平日の昼下がり。
あぁやっぱりずーんとしてきた。
北の丸公園を歩いて少し気持ちを変えましょう。


昭和館@九段下
300YEN→ぐるっとパスによりFREE!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぐるっとパス2017の旅【8】ア... | トップ | ぐるっとパス2017の旅【10】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL