sweetmagicのブログ

写真付きで日記や趣味のライブ参戦、芸術鑑賞、映画鑑賞、ピアノのレッスンなどをのんびり書こうと思います。

『ラ・ラ・ランド』

2017-02-24 23:53:00 | 映画、DVD


ミュージカル映画だったので思わずカテゴリーをライブ♪にしてしまいました。
プレミアムフライデーとかいう日ができたそうで私も久しぶりに映画を観に行きました。
しかも初日!

ネタバレはたくさんかるかもしれませんのでこれからもご覧になる方はご注意ください。



映画がスタートしたらいきなり歌いながら踊るシーン。しかも道路でよ。youtubeにも
そのシーンが少しアップされていますね。
それから二人でタップダンスしているシーンも。



夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働く
ミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。
ある日、ミアは店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名は
セブ、いつか自分の店を持ち大好きなジャズを思う存分演奏したいと
願っていた。やがて2人は恋におち、互いの夢を応援し合う。
しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、
2人の心はすれ違いはじめる…。



と書かれてありますが、心がすれ違ったのかなぁ。
お互いの夢を応援するがゆえの別れだったように感じました。
ミアがこれから私達はどうなるのかとセブに質問します。セブの返事は
少し様子をみようという事でした。どのようにも解釈できるせりふだった
かもしれません。
とはいっても私は日本語字幕を読んでいるので英語のニュアンスは
さっぱりわかりませんが・・・



ミアは女優を目指しオーディションを100回くらい挑戦してもダメで。
そんな時はピアノの音色にひかれて入ったレストランで自分のライブハウスでジャズを
演奏したいと夢見る男性セブと知り合う。

出会った日にセブはレストランを首になる。お店からリクエストされた曲以外の
曲を演奏したという理由で。

ある日パーティー会場で演奏しているセブを見かける。何度も会うなんて何かあると思うとミアは言う。
ミアは彼に1つだけはっきり伝える。「ジャズは嫌い。」
その言葉を聞いて彼は彼女をジャズライブハウスに連れていきジャズのことを熱く語る。


ここであれージャズのお話なの~♪って思いましたよ。
前回は2015年に『セッション』を観たの。ジャズのドラマーさんの話でしたよね。


彼と映画を観に行く約束をした日に付き合ったいる彼と食事をすることになっていたことを知る。
食事中も気になっている。レストランのスピーカーから彼の弾いた曲が流れ時、彼女はお店を
飛び出しセブのもとへ行く。

引かれあい付き合い始めた二人。
彼は収入を得るためジャズではない友達のバンドに入る。


この時の会話がちょっと・・・ね。
バンドの入るように声をかけてくれたメンバーはジャズを演奏していたが聞いているのは
年齢が高い人ばかり。若者が聞きに来るか?と言う。
アメリカでもそうなのでしょうか・・・ん~

彼の入ったバンドは若者に受けるようなポップス。成功してツアーが何ヵ月も続くようになり・・・
次のレコーディングがすんだら今度は2年くらいツアーに出る予定とか。
セブとミアは二人で合える時間をもっと作ろうと話し合うが・・・

その頃、ミアは劇場を借りて一人芝居の舞台をすることになる。
なかなか会えないので全てを捨てて一緒に行かないかとセブから言われる。

どうなるのこの二人。
この辺りからそんなにミュージカルではなくなっていましたね。

さて、ミアの一人芝居の当日。
観客は数名しかいない。観客の反応も聞こえてきた感想もひどいものだった。
すっかり傷心し、彼女は実家帰ってしまった。
ある日、セブの携帯電話にミアのオーディションの話が舞い込む。
自信をなくしている彼女にもう一度受けるように迎えにいく彼。愛ですね~♪
合格し、パリに行くことになったら二人はどうなるの。離ればなれ。
様子をみようということになるのよね。

きっと結ばれないだろうなと思いましたよ。

いきなり5年の歳月が経ち彼女は成功して女優に、しかも結婚もして子供もいる。
ご主人と食事に行った時にジャズが聞こえたので聞いていこうと言うことになり
お店に入る。そこはセブが経営するジャズライブハウス。
再会をしたけれど。
彼は結婚してないようでしたね。
夢を追いかけそれぞれに成功させて実現させたけれどなんだか切ない再会。
新しい映画なのにどこかクラシック。


映画の最後にもう1つの人生があって全てが順調に運び、セブと共に成功して
セブとミアは結婚して子どももいてという映像も見せちゃうのよ。

全てが夢を見ているような不思議な映画でした。
なんだかモヤモヤします。

そうだ。
ピアニスト役の俳優さんはピアノを猛練習したらしく映画の中で実際に弾いているそうですよ。
すばらしすぎる~かっこいい!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレミアムフライデー | トップ | 花ももが咲きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ラ・ラ・ランド 〜 夢みる愚か者の街 (まぜごはん)
LA LA LAND観てきました。 アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働き......
【映画】ラ・ラ・ランド (アリスのさすらい映画館)
 ラ・ラ・ランド(2016) アメリカ 原題:La La Land 監督/脚本:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング/エマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼ...
「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示さ......
ラ・ラ・ランド (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズ......
ラ・ラ・ランド~エマ・ストーンのデカ目全開 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題: La La Land。デイミアン・チャゼル監督。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリ......
ラ・ラ・ランド (Akira's VOICE)
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
劇場鑑賞「ラ・ラ・ランド」 (日々“是”精進! ver.F)
夢を追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702240000/ ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
「ラ・ラ・ランド」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La La Land」2016 USA夢を求めて人々が集まる街ロサンゼルス。女優志願のミアは映画スタジオのカフェで働きながらいくつものオーディションを受ける日々だが、いつもボツ。ある日、場......
映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリ......
ラ・ラ・ランド (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィット......
ラ・ラ・ランド / La La Land (勝手に映画評)
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけ......
ラ・ラ・ランド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という
『ラ・ラ・ランド』 (こねたみっくす)
嗚呼、これが映画だ。これこそが「映画」だ。 ロマンティック、テクニカラー、ミュージカル、アメリカンドリーム、ジャズが口々に語る。これが「映画」だと。こんな恋が羨ましい ......
映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監......
[映画『ラ・ラ・ランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語......
ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズ......
「ラ・ラ・ランド」(1回目) (或る日の出来事)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
ラ・ラ・ランド/LA LA LAND (我想一個人映画美的女人blog)
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは......
映画「ラ・ラ・ランド」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに映画「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。
映画『ラ・ラ・ランド』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
行ってきました〜〜(人‘▽‘☆) ルン♪ 明日はいよいよアカデミー賞授賞式ですね〜〜 この最多タイのノミネートで話題でしたし、ワクワクしてたんですよ。 期待を裏切らない......
ラ・ラ・ランド (あーうぃ だにぇっと)
ラ・ラ・ランド@よみうりホール
ラ・ラ・ランド (映画好きパパの鑑賞日記)
 面白かった!! アカデミー賞受賞など大変評価が高いのもわかります。ストーリー、歌、ファッションすべてが2時間、映画の夢と魔法の国につれていってくれて、見終わった後、......
ラ・ラ・ランド ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイ......
「ラ・ラ・ランド」 LA LA LAND (2016 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
渋滞の高速。一台一台のカーステレオが、いかにもそのドライバーが好きそうな音楽を流している。ひとりの女性が我慢できずにドアを開け、路上で踊り始める。呼応して、まわりの......
ラ・ラ・ランド (♪HAVE A NICE DAY♪)
泣いちゃった・・・ 私は大好き!この作品 まずは一番最初の高速道路でのミュージカルシーンが楽しくて 拍手したい気分 ミュージカルだから オペラ座の怪人やレ・ミゼラブル、......
『ラ・ラ・ランド(La La Land)』デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『ラ・ラ・ランド』La La Land監督 : デイミアン・チャゼル出演 : ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズジョン・レジェンド、他 ※Memo1●映画
『ラ・ラ・ランド』 2017年1月31日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ラ・ラ・ランド』 を試写会で鑑賞しました。 アカデミー賞の本命と評判であるが如何に! 【ストーリー】  何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミ......
ラ・ラ・ランド (こんな映画見ました~)
『ラ・ラ・ランド』---LA LA LAND---2016年(アメリカ)監督: デイミアン・チャゼル出演: ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド 、ローズマリー・デウィット、ソ......
ラ・ラ・ランド(2016)**LA LA LAND (銅版画制作の日々)
 夢をみていた MOVIX京都にてついに鑑賞!何と2時間越えの作品。もう何度もこの2人のダンスシーンは皆さん観ておられると思います。素晴らしいダンスでしたね。観ている私もこ......
ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えた......
「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い......
ラ・ラ・ランド (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されてい......
ラ・ラ・ランド (もののはじめblog)
キ・キ・キリン(樹木希林)ではなく「ラ・ラ・ランド」。 このタイトルには「現実離れした世界、おとぎの国」という意味合いが込められているという。 今年度アカデミー賞で6部......
「ラ・ラ・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はか......