sweetmagicのブログ

写真付きで日記や趣味のライブ参戦、芸術鑑賞、映画鑑賞、ピアノのレッスンなどをのんびり書こうと思います。

<更新中>ピアノ練習曲2013年12月から今まで

2017-06-12 00:01:00 | 習い事
花丸をいただいた都度更新していこうと思います。
行進歩みがのろいので中級者用の楽譜を
手にすることができるのかわかりません。
購入するだけならすぐできますが・・・(*^O^*)



ピアノを習い始めたのは2013年12月からです。
経験者ではありませんのでほんとうに大変でした。
今も大変ですよ。
和音を弾くことも右と左をばらばらに動かし同時に弾く事も。
薬指と小指が思うように動かないとか・・・

大変だったけれど「ララルー」が弾けた時はすご~くうれしかったし
何よりも楽しかった。この曲気持ちいいよね~
「いつか王子様が」よりも「夢はひそかに」の方が好きなアレンジだとか・
「エリーゼのために」は初心者の曲ですが手の稼動域が広くて音のつながりが
きれい。弾いていて楽しい。メロディーも素敵!
音楽のことなんてさっぱりわからないけれど、感動しますよ。
それまで気付かなかったことがすこ~しだけわかった。
わかるのではなく感じることができました。
これからもきっとたくさんあると思います。

大人になってから習い始めたのでなかなか覚えられず弾けず・・・忘れるのは早い。
こんな私ですが今ではこの先どんな曲が弾けるようになるのかちょっと楽しみに
なってきています。

そんな私の花丸をいただいた日付けと曲を残しておこうと思います。



2014.3.29__☆「ララルー」わんわん物語より
2014.4.28__☆「いつか王子様が」白雪姫より
2014.7.19__〇(1)「トロイメライ」
2014.10.25_〇(2)「スターダスト」
2014.12.1__〇「いそしぎ」


2015.1.10__☆「星に願いを」ピノキオより
2015.2.22__☆(3)「夢はひそかに」シンデレラより
           初めてフルートとアンサンブルで演奏
2015.3.28__〇「月の光」
2015.6.6___★(4)「舞踏の時間に」リヒナー
2015.7.4___★「メヌエット ト長調」クリスティアン・ぺツォールト*
2015.8.14__★「メヌエット ト短調」クリスティアン・ペツォールト*
2015.11.28_★(5)「紡ぎ歌」エルメライヒ


2016.2.27__★「お人形の夢と目覚め、お人形の踊り」オースティン
2016.6.12_☆(6)「A Whole New World」2016.4.18~6.12
2016.7.24_★(7)「エリーゼのために」ベートーヴェン2016.3.4~
2016.8.11_★(8)「エリーゼのために」ベートーヴェン
2016.10.7__★「アヴェ・マリア」グノー2016.8.19~10.7


2017.~~~●「KV332第二楽章」モーツァルト2016.10.16~
2017.2.12__★「メヌエット」ルイジ・ボッケリーニ2016.12.25~2017.2.12
2017.6.11__★(9)「メヌエット ト長調」ベートーヴェン




☆ディズニー名曲集(初級)
○大人のためのかんたん!すぐ弾ける!ピアノで弾く定番ベスト100②
★ピアノ名曲110選A
●モーツァルト ピアノ・ソナタ集Ⅳ KV330,331,332,333
(○):発表会参加回数

*ずっとバッハの作品だと思っていました。教えていただいたので早速訂正いたしました。
メヌエット・ト長調はラバーズコンチェルトですよね~
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの発表会(9)2017.6.11 | トップ | ♪国府弘子♪プロデュースTOKYU... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしかしたら… (ピアノ弾きの物理学者♪)
2017-06-12 18:52:49
2015.7.4と2015.8.14のメヌエットト長調・ト短調は本当にバッハの曲でしょうか?
以前はバッハの曲と言われていましたが、研究が進んでバッハではなくクリスティアン・ペツォールトの曲という事になっていると思います。
もしかしたら、私が思っている曲と違って、本当にバッハの曲のメヌエットの事なのかもしれませんが、昔から有名なよく聴くメヌエットト長調とト短調だとすると、バッハではなくクリスティアン・ペツォールトの可能性が高いです。
楽譜に依っては未だにバッハと書かれていますが。
BWV Anh.114と115のことですよね?

違っていたらすいません。

色々な曲に挑戦していて素晴らしいですね♪
私は最近、右手の4、5指がフォーカルジストニアという病気のため、思うように動かせずものすごい苦労しています(>_<)
決定だとなる治療法が無いので、治るか分からず、早くピアノ弾けるようになりたいものです!
そうなのですね~ (デイジー)
2017-06-13 12:28:35
ピアノ弾きの物理学者さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

え~、バッハではないのですね~
楽譜の初版が古いからそのままなのでしょうか。
そうです。
メヌエット・ト長調はピアノを弾かない私でも知っていた曲です。ラバーズコンチェルトでしたっけ?
ト短長は知らなかったのですが練習しているうちにこちらの方が好きになりました。
2曲ともクリスティアン・ペツォールトの作品なのですね。
バッハさんはなぜ自分の曲のように発表したのでしょうか。経緯まで知りたくなります。

バッハの曲じゃなくても好きです。
この2曲は2曲あるからより輝きを増すような気がします。私の感覚ですけれど。
弾かないと忘れてしまうのでまた2曲セットで練習してみようと思います。

教えてくださってありがとうございます。

手の状態が良くなりますように。
また、ピアノを弾くことができますようにお祈りしています。
お大事になさってください。
仰る通り! (ピアノ弾きの物理学者♪)
2017-06-13 13:50:04
私も初めて知った時には、軽いショックでしたが、仰る通り、別にバッハの曲でなくとも、これら2曲の輝きは失われる訳ではなく、私も好きな曲です!
簡単な理由は
https://ja.wikipedia.org/wiki/メヌエット_(ペツォールト)
Wikipediaにも載っていますので、ご興味がおありでしたらご覧下さい。
2曲セットの考えには、私も共感します。

それでは。
2曲セット~♪ (デイジー)
2017-06-16 12:04:26
URLありがとうございます。
なるほどね~でした。
昨日からこの2曲も練習をはじめました。
つっかえてばっかりです。
がんばろう!
ではまた

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL