雑学由来辞典 スイートテンアマグリ

「忙しいあなたの代わりに新聞読みます」というメルマガで週1で書いているいろんな物の語源と由来のコラムです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第52回 三越のライオンの由来

2005-11-27 23:51:25 | コラム

百貨店の三越の入り口にライオンの像が置いてありますよね。
なぜライオンが置いてあるのか?について調べてみました。

大正3年に、三越が日本初の百貨店として新店舗となった時に、
当時の支配人だった日比翁助(ひびおうすけ)氏のアイデアで、
三越を商売の王者にしようと、二頭のライオン像が設置したのが
始まりだそうです。
ロンドンのトラファルガー広場にあるライオン像がモデルだそうですよ。

この方は元は三井銀行の本店副支配人をやっていたのですが、
三井呉服店の支配人になってから呉服店を立て直し、
三越が百貨店となる基礎を築いた方だそうです。
ハロッズなどを視察して、欧米から「デパートメントストア」という概念を
日本に持ち込んだのもこの方なんですね。

日比翁助氏は大のライオン好きで、自分の息子に「雷音」と
名前を付けたみたいですよ。
徹底していますねー。家にライオンの置物とかがいっぱい置いて
ありそうですよね。

ライオンに関する噂を発見したんですけど、
「日本橋三越本店の正面玄関にあるライオンに、誰にも気づかれずに
背にまたがって願いごとを唱えることができれば、その願いは必ず叶う。
特に立身出世に効き目がある」
とのことですよ。
やったら捕まるかしら・・・^^;

モデルとなったトラファルガー広場のライオン。
http://wasalaam.web.infoseek.co.jp/England/184.html
ずいぶんでかい。。

本店のライオンは太平洋戦争中に金属回収されたそうですよ。。
溶解を免れて、東郷神社(渋谷区にあるらしい)に奉納されているのを
社員が発見し、昭和21年に本店に戻ったという過去があるようです。

東郷神社は「海軍の担当者からの依頼で
神社の敷地内にあった防空壕(ごう)の中に隠しておいたのです。
戦局の悪化を見通し、溶かして武器にする無意味さを悟っていたため、
とも言われています」とおっしゃっているようです。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第51回 モーターショーの歴史 | トップ | 第53回 MOTHERの由来 »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL