ゆ ず 茶 庵 Blog

バンドウユミ  Private Blog
  ALBA所属 ひよっこナレーター の 上々↑↑ライフ

『特別展 『今、超克のとき。山姥切国広 いざ、足利 』』

2017-03-08 07:20:40 | Go!Go! わたし ~鑑賞編~
20年ぶりに展示決定との情報に浮足立つ。見られないんじゃないかと思ってた一振。
というわけで、行く一択。足利市立美術館

  

 『 特別展 『今、超克のとき。山姥切国広 いざ、足利 』 』

3/6、月曜開館直前、曇り。
さすがに展示開始直後の土日と比べれば、人出もそこまでじゃない。
んだけど、それでもやはり行列。
入館してチケット購入して、展示室に入るまでただひたすら待つ。

 
入場者全員に1部ずつ配布される 特製リーフレット が豪華。「これおいくらですかお支払いします」レベル。

展示会場内は撮影NG、当然。


展示一つ一つにみな齧りつく牛歩状態。
刀工・堀川国広と、足利学校とその庠主とのかかわり、当時の足利領主・長尾顕長とのかかわり、
作刀当時の時代背景を示す貴重な資料を見ることができます。
濃厚です。


「脇指 銘 日州住信濃守國廣作(号 布袋国広)」

初公開となるこの脇差には、布袋さまの彫刻が施されています。
刀身に刻まれた文言から、禅宗とのかかわりも見てとれるとのこと。


「刀 銘 九州日向住國廣作(号 山姥切国広)」

身幅が広い! 帰宅後資料を確認したのですが、本科・山姥切長義とほぼ同等の太さです。
この勇壮さと迫力は圧巻。
刃文は互の目交じりの大乱(本科は直刃)で、観る角度によって表情が変わります。
鋩が、少なくとも今まで見てきた「刀(打刀)」の中では最大級。本科よりも大きいです。
鎬から先端に掛けて薄く、とんでもなく鋭利。
そして鋩にまで見事に現れる刃文・・・写しにして刀工・堀川国広の最高傑作、言葉もないほどの圧倒的な美しさで鳥肌が立ちました。
一晩以上経っても脳裏から消えないほど、ものすごいインパクトです。
・・・・・・嗚呼! 語彙力が来い!(切実


他にもう一振「短刀 銘 國廣」も展示されています。




展示会場を後にして、誘導に従って1階へ移動(展示室は2階)。
そこには




  

通常・等身大パネルと、書きおろしイラスト。


現在足利市では「刀剣乱舞 -ONLINE-」との開催記念コラボレーションが実施されているのです。
これに関しては、明日♪ ←長いよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よく読む雑誌 | トップ | 「足利市 × 刀剣乱舞-ONLINE-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Go!Go! わたし ~鑑賞編~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。