ゆ ず 茶 庵 Blog

バンドウユミ  Private Blog
  ALBA所属 ひよっこナレーター の 上々↑↑ライフ

国が割れるを見る

2016-06-26 07:20:25 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
「投票やり直し」150万超=「ロンドン独立」賛同13万―請願に殺到・英EU離脱


映画見てうちに帰ってきたら、国際情勢が激動になってました。
スコットランドは既にEU残留で、イギリスからの独立の意向を表明してるし。
その上ロンドン独立ってアナタ・・・・・・。

国民投票は一種パフォーマンス化する場合もあるので何とも言えないのが実情ではあるけれども、それでも僅差とは言え結果は結果であって。
そもそも民主主義とは、「敗者を切り捨てるシステムである」ことは周知の事実であって。
・・・ただ今回問題なのは、それがマイノリティと言えない数だったってことなんだよね。
だってほぼ半数。そりゃ揉めもするさ。


この影響をくらうのは政治経済だけじゃない。
注視。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ダーク・プレイス』

2016-06-25 06:47:20 | Go!Go! わたし ~鑑賞編~
1週間に渡るTOHOシネマズweek(TOHOシネマズDayの拡大版。6/18~6/24)も最終日。
公開初日のこの作品は、どーしても観ておきたかった。

 『 ダーク・プレイス 』

原作はギリアン・フリンの「冥闇(めいあん)」。
ゴーン・ガール」の原作者ですね・・・あれ、上映時間長かったなぁ・・・。

一家惨殺事件の唯一の生存者としてしか生きることができなかった主人公・リビー。
寄付金や自叙伝等で得た不労所得で生活していた彼女だったが、時間の経過とともに困窮。
ある日、彼女に接触してきた「殺人クラブ」(推理クラブ)のライルの提示する報酬に釣られ、
自分の中でも消えつつある事件とその当日の記憶をたどりつつ、関係者に接触していく。


あの夜、私は何を見て、何を「 見なかった 」のか。


リビー役のシャーリーズ・セロンが見事!
立ち姿が相変わらずとんでもなく美しい。

現在と、交錯するかのように入れ替わり映し出される過去。
視点と主観が変われば、当然見えてくるものが違う。
辿り着いた真実の先に見えるもの。


それにしてもクロエ=グレース・モレッツ。
エキセントリックな役柄ばっかだなぁ・・・似合ってるけども。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の疑問

2016-06-24 07:11:55 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
なんでオークションの終了時間って、夜中ばっかなんだろう・・・。

20時台とかはいいんだけど、23時45分とか結構多い。
アラート設定してあっても スマホの電源切っとるがな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善意の押しつけ

2016-06-23 07:35:15 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
Windows 10無償アップグレード問題、注意点をまとめた文書が消費者庁から


これねー・・・。
殆ど「ウィルスじゃねーか」と話題。

私のノーパソ、かなり早い段階で自動アップデートをしないように設定切り替えて対応したんだけれども、
そうなると今度は必要なものまでアプデされないという弊害つき。
よってちょいちょい更新データを見に行かねばならぬ手間。おのれ

なんでこんなに意固地に押しつけに来るの?
そう聞いたら返ってきた答えは「Win10からやりたいことが( 向こうに )あるんだよ」と。
だから「アプデしてもらわないと( 向こうが )困るんだよ」と。

・・・でもそれってユーザーには関係ないよね。
そもそも対応してないソフトや周辺機器が存在する以上、「今」の環境を変えることは必要性が低い。
そのユーザーの意思を無視したカタチでの勝手なアプデは、やはりどーかと思う。


無償だから、じゃなく。いや確かに無償はありがたいけども。
でもこれじゃ「善意」なのかも怪しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『 10 クローバーフィールド・レーン 』

2016-06-22 08:23:20 | Go!Go! わたし ~鑑賞編~
「クローバーフィールド」を観たのは2008年の4月。

 『 10 クローバーフィールド・レーン 』

あれが「当事者視点」ならば、これは難を逃れた人物たちをクローズアップ、と言ったトコかと。

製作はJ.J.エイブラムス。
冒頭10分近く、ヒロイン・ミシェル以外は出てこず、さながらサイレントムービーの様相。
スピードを上げて夜道を走る彼女の車がガードレールを突き破って転落したシーンから、物語は一変する。

上映時間104分のその殆どがシェルター内での会話。
実情を全て知っているであろうシェルターの主・ハワードと、全てを知らないミシェル。
執拗に伏せられた「外界の現実」への渇望が、もう一人の住人エメットを巻き込んで走り出す。


   教訓:必要な説明を省くと、ろくな結果にならない。
 


正確な続編とは言い難い、かな。
J.J.エイブラムスは「血のつながった作品」とコメント。ふむ。


とりあえず、続編作る気まんまんだなとは察知。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!30周年!

2016-06-21 06:44:25 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
30年前の本日・6/21。
久保田利伸さんが「失意のダウンタウン」でデビューされましたっ!

祝! デビュー30周年!!



・・・って改めて文字にすると、自分のファン歴も長いなホント。
これからもついていきますっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『帰ってきたヒトラー』

2016-06-20 10:18:15 | Go!Go! わたし ~鑑賞編~
歴史上「絶対悪」とされる、アドルフ・ヒトラー。
それを主役に据えたコメディ・・・!?

 『 帰ってきたヒトラー 』

自殺寸前の記憶を失った状態で、現代にタイムスリップしてきたヒトラー。
傍から見れば彼はあまりにクオリティの高いモノマネでしかない。
徐々に彼はモノマネ芸人としてテレビで人気になっていく・・・。

ドイツでベストセラーの風刺小説の映画化。

前述したとおりヒトラーは歴史上「絶対悪」であるため、悪魔的に描かれている場合が多い。
しかし当時破綻状態にあったドイツ経済を立て直した、政治家として類を見ない優れた手腕の持ち主でもある。
良し悪しはともかく、明確な政治理念。
圧倒的なアジテーション。

これが、現在だったら、果たしてどうなる・・・?

フライヤーの裏面。「大人には猛毒」。まさしく。
シュールでシニカル。笑えるシーンもいっぱいなんだけど、途中で止まる。

強い主義主張の持ち主に迎合する。
これってどこの国でも、今も昔も変わらず同じ。
だってその方が楽だから。


徹底してリアリティを追求するためヒトラー役に抜擢されたのは、無名の舞台俳優オリヴァー・マスッチ。
実在の政治家や有名人、ネオナチとの遭遇など、アドリブシーンを交えて物語が展開。
観ておいて損はないけれど、終了後の感想はおそらく真っ二つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わかったというかやっぱりというか

2016-06-19 07:46:15 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
発症直後よりもだいぶ楽にはなっているとはいえ、未だ続く両足の痛み。
2年ぶりに整形外科に行ってきました。以前とは別の病院です。

レントゲンに写りましたよ。
踵から生える「棘」みたいな骨。
もっともこいつが出てるからもれなく痛いというわけではないそうですが。
典型例だそうです。

診断は 足底筋膜炎 でした。

これ、前の病院では写んなかったんですよね。
発症直後だったせいもあるんでしょうが・・・。
ネットで症状から検索して、これなんじゃないかと思ってんですけども。


結果、良かれと思っていた靴(特にスニーカー)選びが、実は真逆だったことが判明。
ちょうど新調しようと思ってたところだったのが幸いでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地獄の季節がやってきた

2016-06-18 08:09:40 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
関東で今年初の高温注意情報


夏が嫌いです。というより憎いです。毎年言ってますが。
「えーなんでー!?夏超好きー!」と言う人とはきっと人種が違うと思ってます。

エルニーニョが終了して、ラニーニョになるそうですね。
パスタみたいと思うのは私だけでしょうか。


せめてこの湿度が何とかなれば乗り切れるような気がすんだけどなぁ・・・。
・・・エアコン電源入れよーっと・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目覚まし・・・

2016-06-17 07:44:55 | Go!Go! わたし ~日々徒然~
6時になるかならないかのところで、盛大にガラス類が割れる音で飛び起きました。

本日、不燃ごみ回収日。
階上の住人がゴミ袋の口も閉じないで運び出し、案の定落とした模様。
うちの前まで破片だらけだったので手伝いましたけどもさ。


  迷惑極まりないなーもー


そんな状態でゴミ出せば、必ず誰かの迷惑になるってコトもわかんないんですかねぇ・・・。
少なくともそんな迷惑な目覚まし、私は要らないです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加