迷走する・・・のつぶやき

※個人の感想です・・・

この回答はお見事と感じました 『浮気 亡妻は知っていた』

2010年03月21日 | 人生案内
人生案内を愛読するボクですが、「これはお見事」と感服するような回答に出会うことは滅多にありません。
亡き妻を偲ぶことで少しでも心が癒されるのであれば、などと浅学非才なボクは答えてしまいそうですが、出久根達郎さんの回答は違っていました。
社会主義者、荒畑寒村のエピソードを持ち出し、『荒畑寒村でさえも失って初めて妻の偉大さを知ったのです。非凡の人にしてかくのごとし、』と諭しつつ、『亡き奥さまに尽くすつもりで、たとえばボランティア活動などをなさったらいかがでしょう。こうすればよかった、と思うことを人のために献身するのです。人が喜ぶことをする。功徳を施すことで、あなたの心の負担も軽くなるでしょうし、奥さまも望まれていると思います。 亡き人への償いは、生きている人に感謝されることでしか、果たされないと、私は考えます』という助言を与えられれば、相談者もこの回答を素直に受け入れることが出来るように思うのです。
流石、年の功ですね。
浮気 亡妻は知っていた
 70代の無職男性。妻に先立たれて2年。先日、妻が残した遺言状を見つけました。そこには、私の浮気のことが書いてありました。妻はすべて知っていました。
 生前、何度口論になっても、私は浮気を否定し続けていました。妻を裏切った自分ですが、文面を読んでいるうち、妻を思う気持ちがこみあげてきました。
 妻の苦しみに今頃気づいても遅いのです。妻がどれだけ耐えてきたかと思うと申し訳なく、毎日がざんげの気持ちです。自分勝手で情けない男だった、もっと妻を大切にしてあげればよかった。後悔の気持ちだけが残り涙が止まりません。
 子どもたちはすでに独立し、今は一人。いっそう寂しさが募ります。自分はあと何年生きられるかわかりませんが、妻にはどう償えばよいのでしょうか。(神奈川・D男)


回答者:(出久根 達郎・作家)
 私は社会主義者の荒畑寒村のエピソードを思い出します。「寒村自伝」(岩波文庫)によると、寒村の妻は裕福な旅館の娘でしたが、火災により没落し、10歳で奉公に出されました。その後、11歳下の寒村と知り合い、結婚しました。ひどい貧乏にもグチ一つこぼさず、家庭を支えました。
 本を買うため寒村が家計費をくすねた時、何という卑劣なまねをなさる、と泣いていさめました。理由を言えば自分は全額出したのに、と。夫人はうそや悪事を嫌う、涙もろい人でした。一生を苦労の末に亡くなりましたが、寒村は通夜の席で、慈母のような妻だったのに、自分はわがままを通し、不親切だった、と泣いてざんげをいたしました。失って初めて妻の偉大さを知ったのです。非凡の人にしてかくのごとし、です。
 亡き奥さまに尽くすつもりで、たとえばボランティア活動などをなさったらいかがでしょう。こうすればよかった、と思うことを人のために献身するのです。人が喜ぶことをする。功徳を施すことで、あなたの心の負担も軽くなるでしょうし、奥さまも望まれていると思います。
 亡き人への償いは、生きている人に感謝されることでしか、果たされないと、私は考えます。
(2010年3月21日 読売新聞)
ジャンル:
その他
キーワード
ボランティア活動 社会主義者 出久根達郎
コメント (1) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 渡辺真理も麻木久仁子もいらん ... | トップ | とっさのことで判断できなかった... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね、 (細谷章)
2010-03-21 22:21:54
回答者さんの「魂の徳分」なるものが、相談者にそう言わせるのではないかと思います。年の功というよりも、徳の功、というのでしょうか。
いつかここにも書いた、ヒドイ目に遭っているかつての部下、のことが思い出されます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。