オールドレーシングカー談義

1950~1970年代のレーシングカー、その他のマシーンについて語り合うブログです

MOTOGPマレーシア・セパン-2016

2016-10-31 | MOTOGP

MOTOGPマレーシア・セパン。

青山博一ふたたび、ペドロサ代役:2016セパンGP

『ホンダ:アオヤマをふたたびペドロサ代役に』

当初の予想通り、ダニ・ペドロサがセパンGP欠場となったため、ヒロシ・アオヤマ元選手(ホンダHRCテストライダー)を代役に任命した。

アオヤマ元選手のコメント。
「またレプソル・ホンダチームのために走れるチャンスをいただき大変嬉しく思っています。茂木の時は土曜日FP3から代役を務め、マシンに適応し、リズムを探っていくのが難しかったものですから。
今回は、色々と上手く機能し、最初からマシンに好フィーリングがつかめればと思っています。皆、ダニの復帰を願ってますが、完治するまではホンダとチームの為にベストを尽くすつもりです。
25日(火)は僕の35才の誕生日で、ここマレーシアに来れて本当に嬉しいです。マレーシアは大好きなんですよ。セパンサーキットで走るのが楽しみです。」
======================
青山はもう35歳なんだ。
-----------------------------------------------------
FP1


FP2











アンドレア・ドビジオーゾ/ドゥカティ・チーム(1位)

「2009年以来の優勝だから長かった。勝利はいつも格別だけど、本当に勝ちたかった。チームにとってもとてもハッピーな結果だ。ドゥカティはこの4年間、懸命に働いてきたんだからね」

バレンティーノ・ロッシ/モビスター・ヤマハ・MotoGP(決勝2位)

「イアンノーネとすごいバトルとなった。オーバーテイクしたときは楽観的だったが、路面の水の量が少なくなってきたとき、フロントタイヤに問題を抱え、スローダウンしなければならなかった。勝ちたかったからとても残念だよ」

ホルヘ・ロレンソ/モビスター・ヤマハ・MotoGP(決勝3位)

「正直ラッキーだった。クラッシュがなければ、5位か6位だったはず。今シーズンはウエットで苦戦している。だから今日の結果には満足している」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 省エネ万歳 | トップ | SuperFormular鈴鹿-2016-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MOTOGP」カテゴリの最新記事