オールドレーシングカー談義

1950~1970年代のレーシングカー、その他のマシーンについて語り合うブログです

埋め草ですが2016/9/1~

2016-10-06 | log・レーシングカー他

このお二人さん、どこか似ていると思いません?

    

これが素顔。よく化けますね。
===========================

=================
余りスポーツ選手という感じがしない。今度、丸眼鏡をかけて頂きたい。
-------------------------------------------------------------------------------------
オーストリアの双子のパンダを抱く母親

日本では、パンダは2匹の子供の弱い方を無視してしまうので、飼育員さんが母親が気付かない様に入れ替えるとか。そんな話を読んだ覚えがありますが・・・・
----------------------------------------------------------------------------------

これから大量に公開されるらしい「かぐや」の「月ー地球」映像

「かぐや」HDTVによる満地球の入り(2008年10月1日)
=================
「地球もちっちゃな星だけど・・・」というのは島倉千代子さんだったか。

-------------------------------------------------------------

両足切断から15年。元F1ドライバー、ザナルディがパラリンピックで2大会連続の金メダル!
辻野ヒロシ  | モータースポーツ実況アナウンサー/ジャーナリスト 2016年9月15日 1時51分配信

パラリンピック自転車競技に参戦している元F1ドライバーのザナルディ(写真:ロイター/アフロ)

--------------------------------------------------------------------------------------------
なんと、くろがね4起の復活プロジェクトが進行しているんだとか・・・

 
昔、CARグラフィックが戦時中の日本にはジープタイプの4輪駆動車は無かったと書いてしまった。読者からの投稿で存在を知り、
慌てて特集をしていました。軍事機密なので、一般には殆んど知られていなかったみたいです。でも、登場はジープより早かったのでは?
(由良卓也さんのサイトを参照させて頂きました)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
もうひとつ。4年も前の話らしいですが・・・・・
======================
2012.11.08 THU 11:23
圧縮空気で走るバイクが制作された。フルタンクでの走行距離が100km、最高時速が140km。廃棄するバッテリーもないため環境にも優しい。
TEXT BY ALEXANDER GEORGE
TRANSLATION BY GALILEO - MIHO AMANO
WIRED NEWS (ENGLISH)


Photo: James Dyson Award/O2 Pursuit
オーストラリアで工学を学ぶ大学院生ディーン・ベンステッドのプロジェクトである「O2 Pursuit」は、車載タンクに蓄えられている圧縮空気で走るバイクだ。このプロジェクトは、まず圧縮空気ロータリー・エンジンから始まり、それを中心にモトクロス用のダート・バイクを組み立てたものだ。フレームには「Yamaha WR250R」を使用し、後輪には動力を供給するスキューバダイビングのタンクと25ポンドのエンジンが追加されている。スロットル・レバーを握ると空気が放出されてバイクが加速する。その性能は素晴らしい。O2 Pursuitはタンク満タンでの走行距離がおよそ100kmで、最高時速は約140kmに達するという。充電なら数時間かかるところが、空気のタンクは2分で満タンになる
====================
このてのモノは、出先で止まってしまった時の回復、充填をどうするのかということになるのでしょうが。多少時間をかけても良いから充填できる空気入れがあればということでしょうが。でも良くまとまっていると思います。
----------------------------------------------------------------------------

ツェッペリン飛行艇の格納庫(の模型)。

それにしても、あの当時の人達は、これを見た時どんな気持ちになったでしょう。その巨大さに圧倒されるか。未来を感じるか。米国がドイツにヘリウムを売ってくれればどの様に発展したでしょう。
( MOTOR PRESSさんのサイトを参照させて頂きました)

------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------------------

800匹の子孫を作り、種を絶滅から救ったのだとか。
---------------------------------------------------------------

ようやく米国へのテストに旅立ったとか
-----------------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------------------------------------------

冥王星の表面くっきり、NASAが映像公開 NASA releases Pluto flyover animated video

==============
撮影した写真をつなぎ合わせて動画にしたみたいですが、中々感動的ですね。

------------------------------------------------------------------------------------------------

Robotic Bird Takes Flight


-----------------------------------------------------------------------------------------------
もう1発

The Amazing Ornithopter: SK Slow Hawk

----------------------------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
 
======================================
今の「時代の好み」からすると「甘口」過ぎるかと言ってもはじまらないか・・・
------------------------------------------------------------------------------------

グッドウッドリバイバルでのLOTUS25。今のF1、フォーミュラーカーとは全く違った形ですが、これはこれでシンプルで清潔な形だと思います。当時の少年達の気持ちを昂ぶらせるものがあったと思います。
(モータープレスさんのサイトを参照させて頂きました)
-----------------------------------------------------------------------------------





 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホンダとヤマハの提携 | トップ | F1日本-2016開幕前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL