栄養はえいよ~!

分子栄養学を実践し20年以上悩まされた症状から脱却!
この体験を多くの人に共有したくカウンセラーを目指して勉強中です

一億総栄養欠損の時代 ~「新型栄養失調」

2017-03-25 22:28:29 | 分子栄養学
ブログを再開して「一億総栄養欠損の時代」と大そうなタイトルをつけた割には内容はこじんまりとしていることに気づく。
最近思考が遅い。歳のせいもあるけど元々早くはなかったな(笑)。

これはいかんということで予定を変更して、以前から読みたかった本を取り寄せて現代の栄養欠損の一端をかじってみた。

『食事でかかる新型栄養失調』
「食品と暮らしの安全」という月刊誌を発行する小若順一氏、国光美佳氏が著者。

この本の特筆すべき点はなんといっても企業名、商品名の実名を明かして、栄養素の実測値と健康被害が生じる確率を算出している点。
2010年発行当時は相当センセーショナルだったらしいが、これを受けて改善した企業とスルーした企業と真っ二つの反応だったと聞いた。

セブンイレブンから始まりおなじみのファミレスや高齢者向け、糖尿病患者向け、ヘルシー志向のお弁当やレトルト食品が次から次へと登場するが、最高確率で97%、最低でも75%というからどんぐりの背比べ状態。
しかも、計測されている栄養素がミネラルのみで、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅の5つに絞られているため、商品価値の一部の評価にとどまっており企業によって反応が異なるのはそのためだろう。そもそも日本で手に入る食材自体にミネラルが少ないので、よほど研究する時間を惜しまず食材にお金をかける努力しなければ及第点を得るのはまず無理だと思われる。
それでも改善した企業もあるのだし、ミネラルの重要性と現実とのギャップをまざまざと見せつけた本書にエールを送りたい気持ちには変わりない。

確かにミネラルは重要。多くの精神疾患はミネラル不足が原因であることが多く、本書でもアスペルガー症候群の子供が天然だしを数か月間飲んだだけで激変したという事例を紹介している。私も鉄不足で20-30代は低空飛行な人生だったのでよくわかる。

そして、本書中盤でミネラル不足の原因について深く掘り下げていたのが役に立ちそうだ。

「食品精製が多数の病人や死者を出した歴史があるにもかかわらず、食品業界はミネラルを不純物と称して抜き続けた」として、製品化の過程で水煮、油煮、冷凍時のドリップの洗い流しにより、食材のミネラル抜きが食品メーカーの功罪であるかのごとく説いている。そして、リン酸塩などの添加物がただでされミネラルの吸収を阻害するが、原材料表示が抜け穴だらけなので避けるのが難しいという。
さらに、食品成分表もどうやら信用できないものもあるとか。加工段階で原料の大部分からミネラルが取り除かれているのに、家庭で手作りした場合のデータが掲載されているとか・・・。あまりに適当。

驚くべきことに事例の中にも触れていたが、純水つまり家庭にウォーターサーバーを設置してから具合が悪くなることもあるそうだ。はじめて聞いたが、ミネラルが残っているという点で水道水や純水を使っていない安価な飲料水のほうがましだというのだ。

功罪を担っているのは食品メーカーだけではない。国も認識も甘い。甘すぎる!
国立健康・栄養研究所が毎年8種類のミネラル摂取量を調査しているのだが、「カルシウムは男女とも不足」、「鉄は月経のある女性は推奨量を満たしていない」と挙げているほかは、特に不足はないと発表している。医療費削減を本気で考えたら、薬の価格を安くするという小手先の施策ではなく、まずは実情をきちんと把握し、ダイナミックな方向転換をしてほしい、と切に願う。

そして何より、最終的な選択をする消費者である私たちがもっと賢くならなくてはいけない。
今後も優良な情報を実用的なレベルまで咀嚼して紹介していきたいと思う。

という訳で、本書からミネラル不足を改善する方法として挙げた天然だしや蕎麦食はもちろん、加工品にはできるだけ頼らず、食事は素材から本物の調味料で自分でつくることを強くお奨めする。調味料の話はまた別の機会に。つくり立てはおいしいしね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一億総栄養欠損の時代 ~女性編(2)

2017-03-22 10:05:42 | 分子栄養学
前回触れた鉄と同時に摂りたい栄養素とは?
それはタン白質でした。

タン白質は生命活動の基本です。
筋肉はもちろん、骨も髪も爪もホルモンも抗体も酵素もコラーゲンもすべてタン白質がなくてはつくれません。
カルシウムを摂ろうが、ワクチンを打とうが、コラーゲン鍋を食べようが、タン白質がその時に体内に十分になければ意味はないのです。

骨はカルシウムだけではなく、タン白質、鉄、マグネシウム、ビタミンCが必要です(カルシウム単体を大量に摂取するのはお奨めできません)。
ワクチンを打つのは抗体をつくるためですが、ピロリ菌が胃にいても抗体がつくれず検査に反応しない人もいます。つまりインフルエンザワクチンも意味はありません(元々意味があるというデータはありませんが)。
コラーゲンは一度消化管の中でアミノ酸に分解されるので、そのままお肌にたどり着いてしっとりさせるわけでもありません。

これは私の持論ですが、哺乳類の寿命はタン白質が枯渇したときではないかと。
江戸時代まで人の寿命は40代から50代でした。でも、肉を食べていた徳川家康は75歳と長寿です。
今、断食、おしゃれに言うとファスティングが流行っていますが、あれは体内のタン白質再利用の効率を高めているのだと思います。
飢餓状態で刺激されて不活化したミトコンドリアを生き返らせるんですね。プロテインを飲むだけでなく、リサイクル効率を高めることもできるのです。

私がプロテインを飲み始めたのは昨年の秋ぐらいから。
まず風邪をひかない、原因不明の高熱ももちろん出ない、伸ばしっぱなしにしている髪も枝毛が一本もない。ここまでは想定内でした。
意外だったのは、声が出しやすくなったこと。カラオケにたまに行くと声が低くなっていることに気づいていましたが、それが二十代のころと同じくらいの高音がなんなく出る。
以前に、大物歌手の声が出なくなり、ビタミンAを処方したら2週間で声が戻ったと聞きましたが、上記のサプリが喉に効くとは驚きでした。
また、最も大きな差は女性的機能。ここで詳しく書くわけにもいかず知りたい方は個人的に連絡がほしいですが、一言でいえばもう一人くらい産めちゃうかもと思ったくらい。
栄養療法が不妊に強いというのは聞いていましたが、まさに実感した瞬間でした。ただ、これは大豆イソフラボンの相乗効果によるものであったと思います。相乗効果と言えば、ビタミンB群も腸の大事な栄養源、おなかの調子がよいのもグルタミンや消化酵素だけの結果ではないと想像します。

次回は男性編に移りたいと思います。

ところで、本日毛髪ミネラル検査なるものにトライしたのですが、ロングヘアの私にとってはこれでもか!というぐらいの髪を切らなくてはいけなくてちょっと悲しかった・・・。このミネラル検査は体内に蓄積した重金属(主に水銀)の度合いが分かるそうです。サプリメントが効かない方は水銀が邪魔しているのだとか・・・。結果が楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一億総栄養欠損の時代 ~女性編

2017-03-17 14:09:26 | 分子栄養学
前回の投稿の答え。それは鉄でした。
「最近疲れが取れなくて・・・」「抜け毛が多くて・・・」「おできがいつもできてる」「花粉症がひどくて・・・」「なかなか妊娠しなくて・・・」「子供に集中力がなくて・・・」「お乳の出が悪くて・・・」と耳に入ってくるたびに「それ、鉄不足ですから~~~!」と叫びたくなる。そして普通のおばさんから栄養おばさんと化して小鼻を広げて語り始めてしまう。また始まったと思われるのがいやで、できるだけ抑えてるけど・・・(^-^;

有経女性は一日に平均2mgの鉄を排泄、だけど吸収しているのは平均1mg。
そして鉄を摂ろうとしても、市販されている野菜にも加工食品にも当然コンビニの弁当にも大して入っていない。
そもそもひじきやプルーンに入っているとか誤った情報がいまだに真実のように語られているのもこの状況を加担していると思います。
ひじきは鉄なべでつくるからであってひじき自体に鉄はほとんどありません。プルーンはやはりプルーンに含まれるペクチンが鉄吸収を邪魔する。
玄米も外皮に含まれるフィチン酸が鉄排泄を促してしまう。だから同じ玄米でもフィチン酸が減らされた発芽玄米がよいです。

植物の鉄は5%未満と吸収率が低いので、10~30%は吸収される赤い肉や魚から摂れるヘム鉄がお奨めです。

そうはいっても長年の欠損状態から普段の食事ではなかなか追いつかないので、すぐにでも体調を改善したい場合はヘム鉄のサプリメントがよいです。それでも良質なものでも人によっては十分に補充できるまで数年かかる人もいますが、確実に上記のような不定愁訴にじわりと効いていきます。
ちなみに病院で処方される鉄剤は無機鉄と言って、有機鉄であるヘム鉄とは違うものです。吸収率が低い上に、吐き気などの副作用がありますのでご注意を!

次回は鉄と一緒に摂りたい栄養素について。何だと思いますか?
コメント大歓迎です(*^^)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一億総栄養欠損の時代

2017-03-15 10:57:35 | 分子栄養学
さて、何から書き始めよう・・・。
書いてみたいことは山ほどあるけど、どこから始めるか悩む。

んー、やはり一番主張したいこと。誰もが関わること。どれほど重要か知らない人も多いこと。

それは、「日本で暮らしている人はみな栄養欠損の可能性が高い」ということ。

食べ物の問題として、食品添加物の濫用、加工品の大量流通、土壌汚染による野菜のミネラル不足、・・・挙げればきりがありません。
そしてライフスタイルの変化も。一人暮らしで朝食は軽くつまむ程度、昼はコンビニ弁当、仕事中はコーヒーガブガブ、たばこはスパスパ、夜は毎晩のように酔っぱらって帰る。
料理が作れる私でも台所に立つのは気の向いた週末のみで、二十代、三十代の会社員生活ではこれが日常でした。

今となっては因果関係は歴然ですが、体調は慢性的に思わしくなく。
いつも鼻の頭にできものぐらいはかわいいけど、髪の毛はバサバサでショートボブでも枝毛だらけ、集中力にも欠け、本もろくに読めずファッション誌も買ってそのまま。いつも下痢気味で、プレゼンや海外との電話会議の前はトイレとお友達。何よりもすぐ疲れてしまうのは困ったというより、本当に仕事でもプライベートでも損していたなと、当時を振り返るといつも思うことです。

そして今は私の身体のなかで何が起きていたか手に取るように分かっています。
当然ながら上記のような症状からすべて解放され、50歳も近くなってきたというのに今が一番健康です。

さあ、私の若かりし頃のこれらの症状はどの栄養が最も不足していたでしょうか?
続きは明日かあさってに書きたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復活

2017-03-14 13:58:47 | 日記
4年前に開設してずっと利用料を払い続けたまま放置していたこのブログ。
私こと、みーちゃんママはその後会社も辞めて見事に復活しました。パチパチ(^^)/
当初は「みーちゃんへの手紙」というタイトルで、いつ死んでも悔いがないようにと4歳の娘へ伝いたいメッセージや日々の出来事を書いていました。が、今読み返しても暗い、くらーい、Cr~y!!
当時は慣れない職場と日々の子育てで時間に振り回され心身ともにボロボロ。投稿時間も早くて10時半で、夜の2時とか4時とか・・・。
最後の投稿なんて「健康に自信がなくなってきました」と(泣)。
その後もつらい日々は続きましたが、今はこうして笑っていられるほど幸せになりました。

今は分子栄養学を学び始めてもうすぐ2年くらい経つのかな。
ゆっくりしたペースだけど、今年中にはなんとか人の役に立てるように開業したいと思います。
みーちゃんへのメッセージも時々は挟もうかな。
もう8歳になって口頭でだいぶ通じるけど、今話しても実感湧かないこともあるみたいだから。
とにかくこれからもよろしくね。しぶとく生きるつもりになってきたから。フフ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加