栄養はえいよ~!

分子栄養学を実践し20年以上悩まされた症状から脱却!
この体験を多くの人に共有したくカウンセラーを目指して勉強中です

夫よ

2017-06-29 14:21:54 | 日記
昨夜午前2時。
パンパンと何かを叩く音に起こされる。
リビングに向かうと夫が仕事をしている。
昨晩は会社の飲み会でいつ帰ってきたか分からない。が何事もなかったように仕事をしている。

わざわざ起き抜けの顔を見せる必要もなかろうと素通りしてトイレに向かう。
でもなんだかじっとりとした視線を感じる。

すると、私の足元に黒い影が鋭く横切る。
ご、ゴキブリだ!!!
トイレから逃げるように出る、すぐドアを閉める。はぁはぁ

こんなときは落ち着いてキッチンにストックしてあるごきぶりホイホイを組み立てる。
数週間前にも発見して薬局で買ってあったのだ。
落ち着いて、と自分に言い聞かせながらなんとか組み立てる。起き抜けなので手順が悪いがまもなく完成しトイレに設置。

すべて主人の目の前での話。それでも目に入っているのかどうなのかすました顔して仕事を続けている。

しばらくした後、パソコンに向かう私の背中に「おやすみ~」ととぼけた声。

朝、目覚めた娘が青ざめた顔でトイレから出てくる。
「な、なんであんなものがトイレに~!」

そうそう、昨日仕掛けておいたの、かかってた? えっ、見てない? もー!!
見ると昨夜すばしっこかった奴がおとなしく古めかしいいろどりのおうちに入っている。
ごきちゃん、ごめんなさいね。本当は逃がしてやりたいけど、家族の安全を優先すべき私にはこうするしかないの。

「でも、ホイホイすごいね! 百発百中だわ」と朝食時に自慢げに話す。
「昨日の夜、そこを歩いていたから叩こうと思ったらトイレに逃げ込んじゃって・・・」と無邪気に夫。

( ゚Д゚) ガクガク
なぜそれを先に言わぬか、夫よ。
パンパンという音はゴキブリ退治しようとしたときの音だったのだ。

下手したらゴキブリを踏んでたかも、もしくはあの狭い空間で飛来に遭遇していたかもしれないのだ!!!
どうしてそこまで口が短いのだ、夫よ!

今になって気づいたが、夫は私と目を合わそうとしていたのだ。目が合ったら言おうとしていたに違いない。
メンドクサイあらふぃふだぜ。

私も信じがたいが、結婚前は主人は饒舌で私はうなづく係だった。
夕方に差し掛かると「今夜」という艶っぽいタイトルのメールを毎日くれた。

そして、私はピーク時には当時より15キロ増量した。
今はさすがにそのギャップを半分くらいに収めてはいるけど、・・・さて罪深いほうはどっち?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焦り | トップ | 腸・麹・塩・ボーンブロス。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。